« 長続きしない店 | トップページ | シャーロック・ホームズの息子 »

2006年2月18日 (土)

キーボード行脚は続く

 まだキーボード探しは続いてたんですねぇ。

 ここ数ヶ月はHHK Lite2を使っていました。HHK一族は小さいしCTRLがAの左にあるし使いやすいキーボードです。が、昔使っていた初代のHHKに比べるとキーの感触がいまいちなのは値段が10倍くらい違うのでしかたないのか。
 ときどき気分転換にRealforce101を使っていましたが、最初は軽すぎるかと思ったキータッチも慣れると楽になってきました。となるとサイズがでかいのは別としてこれを使いたいところなんですが、CAPS-CTRL入れ替え時のCTRL取りこぼしが解決しません。あ、これ「取りこぼし」と書きましたけどキースキャンを調べるツールで観察したらキーの押下時のイベントが「D,U,DDD...」と一度勝手にUpイベントが入ってました。PS2-USBの変換器をかまさなければ正常だし他のキーボードでも同じだったので変換器のせいですね。変換器も2種類試してみたけど同じでした。Upのイベントがくる前に他のキーを押してしまえばOKなので、タイミングに慣れればこれでも大丈夫かもしれません。
 あれこれ悩んでいると「Realforce89が3月で製造中止」のニュースが。日本語キーボードだったので興味の対象外だったんですが製造中止と聞くと欲しくなるのはしかたないですよね?ね?しかもUSBモデル(Realforce89U)もあって、しかもしかもCTRLとCAPSを入れ替えるスイッチがついてるではないですか!ということは日本語を無視して英語配列の設定にしちゃえばスペースキーが短いことをのぞけば問題の大部分が解決か?というわけで注文しちゃいました(しかし高いよなぁ)。

 それはそれとして天気も良かったのでアキバにキーボードを探しに行ってきました。クレバリーでCherryの軸違いを並べて展示していると聞いたので、良さそうならどれか買ってしまおうかと密かに企んでいったんですが・・・展示はいいけどビニールでくるんでるってどういうことだよぉ。あれじゃキータッチわからんじゃないですか。気勢をそがれて横を見ると同じCherryの軸を使ったFILCOのキーボードが。これ見るたびに「なんで日本語配列なんだ」と思っていたんですが、今月末に英語配列が発売になるという声を耳にしました。日本語版の値段からしても1万円は切るだろうから、それじゃあ月末まで待ってみようかな。

 こうしてキーボードはどんどん増殖していくんですね。コワイですねぇ。

|

« 長続きしない店 | トップページ | シャーロック・ホームズの息子 »

キーボード」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/8727992

この記事へのトラックバック一覧です: キーボード行脚は続く:

« 長続きしない店 | トップページ | シャーロック・ホームズの息子 »