« 25~27鞍目 | トップページ | トルコ語入門講座が始まった »

2006年4月16日 (日)

28鞍目

 昨夜から雨になり、予報では昼までは雨マーク。9時過ぎにちょっと雨が止んだので乗馬クラブに電話してみました。「止んでるので大丈夫そうですよー。あ、今また降ってきました」。私の電話のせいですか??
 とりあえず行って様子を見ることにして昼前に到着。まだちょっと降っているのでみんなで早めの昼食に行き、戻ってきたらなんとか止んでいました。

 今日も相棒はロイフでいつもと同じ内容ですが、とにかく「踵を下げて」どころじゃなく鐙から足が浮きまくります。「あれでよく真ん中に乗っていられる」と先生が不思議がるくらいなので、上体はたぶん成り行き任せに動いているのだと思います。足の位置も前後にブラブラしていて、これは撮影してもらったビデオを見ると一目瞭然でした。それの対策かどうかわかりませんが、昨日から二点・・・なんだっけ?なんとか姿勢?常歩で体を少し前傾させて、踵に体重をかけてお尻を少しだけ浮かせる練習、というのを少しだけやりました。「直線のあいだくらいはお尻を浮かせていられるように」と言われたんですが、とてもとても。

 先生によると「二人とも良いところと悪いところがはっきりしてきた」ということなんですが、良いところなんてあるの?悪いところは自分でもいくらでも思い当たるんですけどね。そういえば今までは二人セットで「踵を下げて~」「拳を上げない」って言われてたんですけど、最近は練習中に二人別々のことを言われることが多くなったような気がします。

 当面の自分の目標は「軽速歩での扶助」「輪乗りでスピードを落とさない」「ロイフで駈歩3周」だな。

|

« 25~27鞍目 | トップページ | トルコ語入門講座が始まった »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/9629064

この記事へのトラックバック一覧です: 28鞍目:

« 25~27鞍目 | トップページ | トルコ語入門講座が始まった »