« 30~32鞍目 | トップページ | 屈辱の35鞍目 »

2006年5月 5日 (金)

33、34鞍目目

Image00182  今日も良い天気ですが風が強くて砂埃がすごいです。

 朝イチのビジターさんが少ないときを狙ってまず1鞍。なんと初の4頭での部班となりました。いつもは奥さんと2人か良くお会いする会員さんと3人がせいぜいなんですけどね。だいたい他の会員さんにも初めてお会いしたなあ。写真の3番目がワタシ。最後のブチは牛じゃないですよ ^^)

33鞍目(シルバー)
 途中までは4頭でしたが駈歩は奥さんと2人になってシルが先頭。半周くらいで止まってしまいます。なんとか必死に1周もたせても隣の馬場の馬と並ぶとダメでした。これは馬にキョロキョロさせちゃってるということだろうから手綱が甘いってことか?後で撮ってもらったビデオを見ると、脚の動きが変になる->脚に気を取られて上体が崩れるー>止まる、ということが多いみたいです。でも脚が変になる理由は上体のバランスを崩したときに踏ん張ろうとしてるからのような気もするし、無限ループだ ^^;

34鞍目(ロイフ)
 今回も4頭。馬場にも常に馬がいるし、みんなで「すごい!乗馬クラブみたいだ!」と感心してます。いいのか?

 普通に常歩、軽速歩と進んで「そろそろ軽速歩終わりかな」と思ったところに「そのままツーポイント~」というとんでもない指示が飛んできました。常歩だって立ってられないのに。「バランスがとれれば馬の揺れは関係ないから」って理屈ではそうなんですけどね ^^; 前につんのめって馬の首にしがみつく連続でした。

 駈歩は今回のなかで一番まともだった気がします。ビデオを見ると体の揺れも少ないように思えますが、それでも2周くらいが限度だったし隣の馬場の馬と並ぶとやっぱりダメでした。む~ん。

|

« 30~32鞍目 | トップページ | 屈辱の35鞍目 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/9937790

この記事へのトラックバック一覧です: 33、34鞍目目:

« 30~32鞍目 | トップページ | 屈辱の35鞍目 »