« Windows2000でトルコ語を使う | トップページ | 本棚整理 »

2006年5月18日 (木)

【本】遠花火

 遠花火―見届け人秋月伊織事件帖: 本遠花火―見届け人秋月伊織事件帖
藤原 緋沙子 講談社文庫

 「見届け人秋月伊織事件帖」という長いシリーズ名の1作目。見届け人って聞き慣れない言葉だけど噂を調査するのが仕事みたいだし私立探偵みたいなもんですかね?読み終わった感想は「ほどよい」というか「無理がない」というか、適当な言葉が見つからないんだけど「んな無茶な」とか「荒唐無稽」というのと反対のイメージ(わかりにくい・・・)。

 澤田ふじ子の公事宿事件書留帳シリーズ(の初期の方)が近いかな?そういえば「見届け人」も「公事宿」も主人公の身内にお役人様(結構偉い)がいるんですよね。こういう物語はそういう設定にしないと成立しないのかな?

 破天荒な方向に進まないで無理せず続いて欲しいものです。

|

« Windows2000でトルコ語を使う | トップページ | 本棚整理 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】遠花火:

« Windows2000でトルコ語を使う | トップページ | 本棚整理 »