« 【映画】グッドナイト&グッドラック | トップページ | ペペロンチーノ難しい »

2006年5月22日 (月)

トルコ語講座 その5

 入門講座も今日で折り返し地点なんですが、どうも頭が混乱気味。焦点がぼやけているというか頭の中に霞がかかったような、はっきりしない不安感といいましょうか(頭がボケてるだけか??)。

 前半は先週やった、英語で言うところのbe動詞の復習。「私は日本人です」というやつですが、その他に「いる」とか「ある」の意味にも使いますよということでした。

Ali evde mi ? (アリーは家にいますか?)
Evet ,  evde.(はい、家にいます)

誰かが私に聞いているならこうなるはずだ、たぶん(弱気)
Siz evde misiniz ? (あなたは家にいますか?)
Evet , evdeyim.(はい、家にいます)

お、普通のアルファベットだけで書けた。日本語にしちゃうと同じように見えるけど、トルコ語だと単語の尻尾を見ると人称がわかるので仮に質問でSiz(あなた)が省略されても単語にsinizがくっついているので「ああ、私のことを聞いてるのね」とわかってしまう便利な仕様ってことです。確かに便利なんだけど、だからこそ返事までつられて evdesiniz なんて答えちゃうと「(あなたは)家にいます」というマヌケなことになっちゃうので神経を使います。

 と、まあ復習で頭をかき回された後に今日の本題は「人称代名詞」「疑問代名詞」「指示代名詞」「場所を表す代名詞」でした。それぞれに単数と複数があるんだけど、それも不安感(違和感だな)のひとつかな。「なに」とか「どこ」の複数形というのがぴんとこないんだよね。

 ここまでで一通りネタが揃ったらしく、最後に駈歩、いや駆歩で「名前を聞いて挨拶する」という会話をやって「ちゃんと覚えておけよー」と言われたんだけど・・・ノートに写した例文が欠落しているなあ。

|

« 【映画】グッドナイト&グッドラック | トップページ | ペペロンチーノ難しい »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/10195987

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ語講座 その5:

« 【映画】グッドナイト&グッドラック | トップページ | ペペロンチーノ難しい »