« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

長期割引の罠

 年内に番号の引っ越しができるようになると、いざというときに長期割引関連が邪魔になるだろうと思ってボーダフォンショップに行って自分のプランを確認に行ってきた。たしか今の携帯に機種変更したのが去年の今頃で、そのとき色々とプランを変えた覚えがあるのでちょうど1年でタイミングもよかろうと。

 平日は空いてるので待ち時間無しなのがいい。自分の番号を伝えて身分証明書見せて調べてもらったら「2年契約になってますね」とのお言葉。ありゃー?更新月以外に変更解約すると1万円かかるらしい ^^;

 年内にソフトバンクから逃げだそうと思っていたのにあっさり挫折してしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

DISK障害拡大中

 ついにDISK障害がお客さんのPCに飛び火した模様。

 「起動がすごく遅い」「日に日に遅くなっていく」という悲痛な叫びを聞きつけ、調べてみると本当に遅い。ちょうど別の人用に初期化したPCがあったので、そっちと交換したのが先週の木曜日でした。
 今日は時間があったので、調子が悪い方も再インストールしようと電源を入れて待つこと十数分。起動しません・・・。別の用を片付けて戻ってみたら「ブートデバイスにアクセスできないよーん」というブルースクリーンになっていました。そうか、ゴミが溜まったとかいうヤワな理由じゃなくてハード障害でしたか。幸い大事なデータはサーバに置いてあるのでDISKを交換しても問題はないんですが「なんとかブックマークだけでも救出できない?」というもっともなリクエストをいただきました。

 USB箱でつないでもダメだろうというわけでDISKだけ取り出して別のPCにつないでみました。うーん、デジャヴ ^^; 経過もほとんど同じで、ドライブに通常のアクセスはできませんがファイル復活ツールではアクセスできるので、こないだと同じように必要なところだけ拾い集めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

福岡 その2

 今回の旅行はJALの格安ツアーで、往復の飛行機とシーホークホテル(朝食付き)がセットで2万6千円。めちゃ安です。日曜泊だしホテルはがらがらだろうと思ったらお隣の野球見学セットがあるらしく混雑してました。野球を見る以外には不便な場所のホテルなんですけどね。そういやダイエーのピンチの時(野球の話にあらず)に「球場・ホテル・ショッピングモールの三点セット」という表現をよく目にしたけど、まさにここの話か。

 昼は奥さんの友人宅で豪華な昼食をご馳走になってから空港へ。途中地下鉄の乗り換えで天神地下街を歩いたけど、ちょっと高級っぽい印象。看板やPOP(ほとんどなかった)、ディスプレイ、ライティングと厳しいガイドラインがありそうですね。

 しかし福岡空港はアクセスが便利すぎる!昔来たときは地下鉄が無かったのでバスでしたが、それでも博多駅から15分だったかな。佐賀に空港作っても福岡経由でJR使った方が早いので誰も佐賀を使わないってのは無理もないところでしょう。
 羽田もこのくらい便利だといいけど、そうしたらJR大ピ~ンチだろうからそれはそれで困るなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ語講座 その10

 いよいよ10回目、ってことは入門編の最終回です。早いなあ。新ネタとしては数詞を最後にちょこっとやったんだけど、ほとんどの時間は格変化の復習やってました。練習問題を配られたけど修了試験ですか?

 全部で12問ありましたが、今まで習ったことの集大成(というほど習ってないけど)のようで、引っかけ問題多し ^^; 「これは対格、こっちは与格」なんてノンキにやってるとあっさり有声化、無声化の罠にはまります。さらに「カフェでお茶を飲んだ(位格)」という問題のあとに「肉屋で肉を買った」なんてのがあって、つられて位格にすると「買い物の場合は奪格を使います」 そうですかと条件反射的に kasapdan とやってしまい「無声化するので正解は kasaptan」と、まあ前途多難を再確認させられました。

 夏の間はお休みで次回は秋講座になりますが、それまで覚えていられるのだろうか?気が向いたときにパラパラとテキストを見たりトルコのホームページでも見ていれば大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

福岡 その1

_vfts0002  奥さんの知人友人に会いに福岡へ。昼間は吉野ヶ里遺跡に行く予定でしたが大雨なので中止して、福岡市博物館で金印を見ることにしました。時間もあるのでその前にちょいと寄り道をして空港から博多駅経由で香椎線に乗ってきたのが左の写真。東京にいるとなかなかキハに乗るチャンスがないからね~。 

_vfts0001_1  本来なら西ヶ崎~宇美を完乗するところだけど、奥さんも一緒なので香椎~海の中道だけにしといて海の中道からは船で戻りました。車内には昔ながらの扇風機 がついてまして、よく見ると懐かしいJNRのロゴが!嬉しくなって写真撮っちゃいましたが奥さんはこのロゴ見たことないとか。まあ興味がなかったろうから目に入っていても脳に伝わってなかったんでしょう。

 福岡市博物館では特別展示で「マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿」ってのもやってましたが、高いし人も多そうなので200円の通常展示だけ見てきました。金印は教科書の写真で見るよりも小さかったです。

 夜はおいしい居酒屋さんに連れて行ってもらいましたが、そこで食べ過ぎてラーメンまで行けなかったのが心残りであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

復旧作業中

 いかれたHDDを取り外してUSB接続のケースに入れ、別のPCにつないでみたけど認識しなかった。惜しいところまではいくのだが「なんか書き込めないよ」「インストール中にエラーがでたから使えませんぜ」というメッセージが表示されてしまう。

_p6240025  USBがダメなら普通にIDE接続してみるかってことでテスト用のPCというかバラック環境につないでみる。認識はしたが何をするにも非常遅い。たぶんエラーでリトライが大発生しているのであろう。10分放置してもマイコンピュータは開かないのでDOS窓に切り替え。こっちは5分くらいで開いた ^^;
 問答無用でCHKDSKしてみるとファイルチェックは完了するけど、そのあとのインデックスチェックで「原因不明のエラー」で中断。いちおうdirしてみたけど反応無し。ん~、ダメか。

 最後のあがきでFinalDataを試すとクラスタスキャンは進むみたい・・・・だけどやっぱり遅い。3時間くらいたって「残り11時間」とかでているが、削除したファイルを浚いたいわけじゃないので適当なところで中断。結果を見るとそれらしいディレクトリとファイル名が並んでいるので、現在これを別ドライブに復元中。明日の朝までやれば一通り終わるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

ブルースクリーン

 調子が悪いDISKにもう一度chkdskしようと思って再起動かけたらBIOSのレベルでS.M.A.R.T.のエラーがでちゃった。先に進めてF8叩いてsafe modeにしようとしたら見事にブルースクリーン ^^; 手遅れだったか・・・

 DISK取り出して別のPCにつないで試してみるか。USB接続の外付け用ケースどこいっちゃったかな?


 ところで「背水の陣」ってのは自らそういう状況にして必勝を期すもので、追い込まれるもんじゃないと思うんだが?>マスコミ各位
 追い込まれた場合は「袋のネズミ」・・・・じゃあんまりか。それにしても絶体絶命になると奇跡を期待する体質は昔から変わらないのか?まさか当事者たちは奇跡をあてにしてるってことはないと思うけど(まさか・・・?)、報道する側は戦時中から進歩してないんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

またまたDISK障害

 やっぱりDISKトラブルって続くもので、今度はサーバの調子が悪い。数日前からアクセス音が変なときがあると思っていたら昨日になって「DISKが返事しないから遅延書き込みに失敗したよ」というメッセージが表示されるようになった(OSはWin2K)。CHKDSKでしばらくOKになったと思ったら、やっぱり今日も同じエラーがでてた。

 仕事用のファイルは別のサーバだから壊れてもそれほどダメージはないけど色々なバックアップに使ってるから放置するわけにもいかないし。再インストールは大変だからとりあえず別のDISKに丸ごとコピーしてみっかなあ。でもエラーでてると失敗することが多いんだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

タクシーの料金計算ができるサイト

タクシーサイト 全国版

 ちょっと調べ物をしていて見つけたサイト。始点終点のだいたいの住所を入力するとタクシー料金を計算してくれます。google mapと連動して予想コースも表示してくれるのは便利。

 試しに旭川空港から動物園まで調べてみたら・・・料金も時間も冬に行ったときの倍くらいになってるぞ?予想ルートを見ると遠回りっぽいのでマップを拡大してみたら、滑走路のど真ん中から出発してます ^^; まあ参考程度ってことですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

トルコ語講座 その9

 属格(所属を表す格)のお勉強です。前回先生が「属格はそれだけで章を分けてもいいくらい・・・」って言ってた理由がなんとなくわかりました。条件分岐が多いせいか、どことは言えないのですがわかりにくいです。「所属を表す」と大袈裟な言い方をしていますが、要は「~の~」というよく使う表現なんですが・・・。

 基本形は A + (n)in  B + (s)i で「AのB」です(AとBはそれぞれ名詞)。(n)と(s)は介入子音で、 i はいつものように母音調和します。日本語だとAの次に「の」がつくだけですが、トルコ語はBのほうにも尻尾がつくのが大きな違いですね。このBについている i は「三人称単数の所有接辞です」と教科書に書いてあるんだけど、なんでこんなとこに所有接辞がつくんでしょうね?あ、Aに所有されている(=属している)ということか?今頃わかってる私・・・。

 AのBと言っても「私の家」ならevimだけでいいから、「(彼の)家」は evi になって、これにAにあたる Ali がつくと Ali'nin eviで「アリーの家」か。筋が通ってるじゃないか。Aは人に限らないから「机の上」なら masanın üstü(masa:机 üst:上)。

 さて、複合名詞というものがあります。名詞をつなげて一つの単語にしてしまう奴で「電話の番号」=電話番号のようなもの。トルコ語も同じで「の」にあたるAの尻尾が消えます。Bには三人称所有がついたままなので telefon numarası ( numara:番号)。

 では「私の電話番号」にしたければどうするか?telefonとnumaraのどちらに所有接辞 imを付けるのかな?と思ったんですがtelefon numarasıでひとつの単語と考えて後ろに付けるみたいです。ただし、ひとつの言葉に2つ所有接辞をつけちゃいけない(そりゃそうだ)ので、三人称所有を省いてtelefon numaramになるらしい。

 というような授業をやってですね、ちょっと練習をしたんですよ。そしたらある例のときに一人称所有の im を誰も思い出せなくて「今になってもこんなことも覚えてないのかー」と先生かなり絶望しちゃいました。すんませんです。「でも習ったのだいぶ前だしなあ(そういう問題じゃない!)」と脳内で言い訳してたら、その直後に(私が)介入子音を間違えまして、「10分前にそれを説明したでしょー」と追い打ちをかけてしまったという情けなさ。長期記憶も短期記憶も壊れてる・・・暑さのせいだ、そうに違いない。

 しかしここに書いていたら少しわかってきたような気がします。やっぱり復習は大事なんだなあ。深く反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

柴又帝釈天

 ちょいと友達との集まりがあって江戸川区方面へ。2年ぶり(もっと?)くらいに背広にネクタイしましたが、暑い・・・・くるしい・・・。毎日コレで通勤している方々には頭が下がります。途中でちょっと手間取って集合時刻に7分遅刻 ^^; 待たせて悪かった>みんな

 近所だからということで帝釈天に行って食事にすることになり、ローカル線の雰囲気ただよう京成金町線で柴又へ。駅前には寅さんの銅像が建ってますが、私にとっては寅さんより両さん(こち亀)のイメージが強いです。駅も小さいし参道も狭くてくねくねしてて浅草寺の仲見世とは大違いで、時間も遅めだったので人も少なめでした。

 お参りをして裏に回るとガラス張りのハイカラな建物・・・と思ったのは本堂のまわりに彫刻が彫られていてそれを保護するためにガラスで覆ったそうで、中尊寺の金色堂みたいなもんですか。

 夕飯は川魚のコースをめいっぱい詰め込んで満腹で帰路につきますが、このへんの路線図ってさっぱり頭に入ってないんだよねえ。しばし悩んでコースを考え帰宅したけど、帰って駅すぱあとで調べると3番目の選択肢でした ><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

【映画】ハル

 上映当時も今も全く知らなかった映画なのですが、知人のブログで知ってレンタルビデオ屋で借りてきました。

この映画は1995年に制作され、一部からは高く評価されたものの、上映館数が限られたこと、当時はまだ特別な世界が舞台であったことにより大多数からは認知されないままの作品であったように思います。その「一部」「特別な世界」というのはインターネット前史とも言うべき「パソコン通信」の世界です。
オジ・ファン・トゥッテ♪

 一対一のメールのやりとりが中心で、フォーラムは出会いの場でしかなかったのがちょっと物足りなかったですが、それでも懐かしい雰囲気は味わえました。あの二人、ちゃんとフォーラムにも顔だしてたのかな?
 新幹線の中と外の一瞬の出会いシーンは「秒単位の正確さで走る日本の鉄道でしか実現不可能だなあ」「でも駅以外の場所の通過時刻を調べるのは大変だから、やはり鉄道フォーラムで・・・」と本筋と全く関係ない感想を思い浮かべながら観ていました。

 一緒にみていた奥さんに「パソ通知らない人が見てもつまんないのでは?」と聞いたところ「普通の人はラブストーリーとして見るのであって、パソ通はその一部でしかないの!」って言われちゃいました。なるほど、そういう見方もあるんだ ^^;


 トラックバック先のYASU47様。FINTCUL人生冬組ロシア班貧乏チーム所属メンバーでございます。最近お会いしていませんが、久しぶりにオフでも企画しましょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年6月15日 (木)

しつこくパスタ

 昨日の夕食は予定通り鶏肉ハーブ焼き と友達が教えてくれたコンソメ風味のパスタ、謎のスープでありました。だいたいうまくできたけど鶏肉はちょっと厚めだったので白ワインふりかけて蒸し焼きっぽくしてしまった。レシピをリンクしようとしてもう一度作り方を見直したらレモン入れるのを忘れてました。なるほど。あと2、3回作ると良い感じになりそうです。

 夜がパスタだったのに今日の昼もベーコン入りパスタに挑戦だ!前の連敗時に弟(調理師免許持ち)から「ニンニクはオリーブ油に漬けておくと焦げにくいし風味も良い」と言われたので夕べ多めに漬けておいたのを使います。おかげでなんかだいぶまともな味になった気がするぞ。ベーコンの味に助けられているけど、これならペペロンもましになりそうだ。

 やっぱり料理ってのは同じ物を何度も作らないとダメなんだねえ。パスタは昔から何度も作っているけれど「食えればいいや」という姿勢がいけませんでしたね。

 ん?「とりあえず動けばいいや」ってプログラムを・・・反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

【映画】雪に願うこと

 去年の冬に行った帯広のばんえい競馬が舞台ということで観てきました(公式HP )。原作は鳴海章の「輓馬(文春文庫)」。ちょっと前に奥さんに借りて原作を読みましたが、この作者ってミリタリー物の小説を書く人として知っていたのでちょっとビックリ。

 お兄さんと馬は良かったのに、弟(主役なのか?)が見た目も性格もお子様すぎたのが残念。原作はもっと大人だったのに。あとは原作にない女性騎手を出したのもどうかと思うけど、まあこれは映画なので彩りが欲しかったんでしょう。タイトルも含めて映画化のために無理をしているように思えるんだけど、余計なところをばっさり削って90分くらいにしたほうが良かったのではないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

気力消失

明け方4時半まで仕事して8時半に起きた。
一日中外出して歩き回って帰宅。
夕飯作るものも決めて買い物もしたのに気力が失せてしまった・・・
奥さんに「夕飯自力調達plz」のメールを送って仮眠。
ほどよく2時間寝たところで奥さん帰宅。
カップヌードル食べました ^^;

明日の夕飯予定:鶏肉ハーブ風味焼き、ペペロンじゃないパスタ、なんかのスープ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

【本】イン・ザ・プール

イン・ザ・プール 奥田 英朗  文藝春秋 (2006/03/10)

 なにかのついでに友達がくれた本。予備知識ゼロで読み始めたら面白かった!ひさしぶりに電車の中で笑いをこらえました ^^) 患者がみんな真剣なだけに、とぼけた医者に大笑い。
 ちょっと残念だったのは意表を突く患者がいなかったことかな?だいたい思った通りの症状というか展開なので意外性という点では物足りなかった。ちょっとだけ北杜夫の奇病連盟を思い出しました。

 嬉しいことに続編がでています。でているどころか続編で直木賞とってるんですね。まだ文庫にはなっていないようなので単行本を図書館で予約しとこ。

 面白かったので奥さんにも貸してあげようと思ったら「部屋に落ちてたんで拾って読んじゃった」・・・いつのまに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ語講座 その8

 いよいよ格変化の登場!あれ?動詞の時も「いよいよ」だったかな?もしかするとこの先は「いよいよ」が続くのかもしれないけど、先生が「格はひとつの章にまとめるにはボリュームがありすぎて」と話していたので、やっぱり重量級「いよいよ」なんでしょう。

 テキストには日本語の助詞(てにおは)の役割って書いてありますね。「トルコ語には通常以下の6つの格があるとされています」。トルコ語の文法にも流派があるんですかね。文法って言葉にあとからくっつけた理屈なので、きれいにまとまらないわけで。日本にも~文法(~には人の名前が入ってた)って何種類かあった気がするし。
 その6つですが

主格 - (主語)
対格 -(y)i ~を
与格 -(y)e ~に、~へ
位格 -de(-te) ~で、~において
奪格 -den(-ten) ~から、~により
属格 -(n)in ~の

となっております。例によって i と e は母音調和します。(y)(n)は直前が母音だった場合の介入子音。te , ten は子音の無声化。

 授業の前半は先週の復習やってたもんで、格については今日はさらっと紹介だけで時間切れでした。その復習でやったトルコ語の不思議。

A: Geliyor musun?  (君は)来ますか?
B: Evet, geliyorum. はい、行きます。

 日本語訳はなんの不思議もないんですが、トルコ語の動詞がどちらも gelmek(来る)です。トルコ語では質問者の位置(場所)を基準に考えるそうで、直訳すると「君は来ますか?」「はい、来ます」ということになっちゃいます。AとBが同じ場所にいれば日本語でも不自然じゃないですよね。たとえばトルコ語の授業で「来週も来ますか?」「はい、来ます」というのは自然な会話ですが、AさんがトルコにいてBさんは日本にいるような場合もでも「トルコに来ますか?」「はい、来ます」でいいんだそうです。
 質問文と同じ単語を使えるので楽と言えば楽ですが、なんか不思議ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

馬事公苑

_vfts0007 梅雨に入ったそうで。しかし最近は梅雨入り梅雨明けがはっきりしなくなった気がする。宣言出した後は気象庁ドキドキだろうな。

 馬事公苑にお散歩行ってきました。東京大会やってて去年見に行ったときは出店がでてたなあと、大会よりもお店目当てですけどね(だって馬場馬術って見ててもわかんないんだもん)。去年は屋外にごちゃごちゃと並んでいたような気がするんだけど今年は屋内の廊下に並んでいました。外には車と、写真のごとくエルメスの出店が!鞍の試乗もやってたみたいですけどさすがにおそれおおくて乗れませんでした・・・。でもそんな機会ないから恥はかきすてで乗ってみるんだったかな?鞍は67万円だったかな?あんな小さいカバンがウン十万円てのを考えるとメチャクチャ高い訳じゃないけどねえ。馬の手入れ用ブラシが3万円くらいでしたが、それはいくらなんでも高いだろう・・。

 屋内のお店で「ハーブ入り馬用おやつ」をお土産に購入したけどあいつら食べるかな?奥さんはジョッパーブーツ買ってました。私もちょっとブーツ欲しかったけど、まだゴムでいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

デパ地下

 路駐している車が見事に減ったねぇ。今まではなんだったんだ?ってくらい道がスッキリしてます。一番喜んでいるのはバスの運転手さんと自動車学校の生徒かな?大変なのは配達の人たちだろうけど、あれは例外にしてあげてもいいような気がします。でも配達のふりして駐車してたのも多いだろうし「公平に」というなら一律で取り締まるしかないしなあ。

 仕事の帰りに夕飯の仕入れにデパ地下(渋谷の東横)寄ってみました。19時前くらいだったけど人いっぱい!パン屋さん人気ありますね。朝食用かな?
 一回りしてみたつもりだけど、売り場がよくわからないなあ。人の流れで思う方に行けなかったり何度も同じ場所にでちゃったりして、中近東の市場の気分がちょっと味わえたかもしれない ^^) 客引きがいないぶん歩くのは楽ですけどね。

 魚売り場がすげー賑やかでサシミを買っちゃいましたけど、ほんとはマグロのカマがおいしそうだった・・・。焼いて食べたいけど、あれ大きすぎて焼くの大変だよなあ?なんかうまい方法がないか、あとで親に聞いてみよう。

 レジで「ビニール袋でいいですか?」って聞かれました。そりゃもちろんかまいませんが、前に別のデパ地下で味噌を買ったときも紙の袋にいれてくれました。奥さんと一緒だとなにも言わずにビニール袋なんだけど、男の人だと紙袋がデフォルトなの?そういや何かの本でもそういう話を読んだ気がしますが、世の中のお父さんたち、そんなことに見栄はらないように・・・。

 ところで出口はどっちだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

お茶漬けスパゲティ

 連敗中のペペロンチーニはちょっとひと休みして失敗しない「お茶漬けスパゲティ」を(月曜に作って食べたんだけど書くの忘れてた)。名前を見ただけでだいたい見当がついてしまうシンプルなスパゲティだけど、昔からちょくちょく作って食べてます。

  1. パスタを茹でる
  2. お湯を切って永谷園のお茶漬けをまぶす
  3. 食べる

という簡単な料理(?)だけど、おいしいよ。お茶漬けは海苔でもタラコでも好きな物でいいですが、たぶん梅茶漬けが一番あうと思います。好みによるけど軽く炒めた方がおいしい気がする(私はごま油を使う)。梅干しが嫌いでなければ1個か2個放り込んで、ほぐしながら食べましょう。

 あ、1人前にお茶漬け1袋入れるとしょっぱくなるので多めに作るかお茶漬けの量を調整しましょう。私はパスタ150gくらいに1袋いれてます。

 さあ騙されたと思ってレッツトライ!(苦情禁止)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

HDD壊れた

 奥さんのPCが起動しなくなりました。HDDから「ギー、カンカン」という規則的な音がします・・・。HDD壊れたか。一緒に無線LANも壊れたみたいでアクセスポイントを全く探しにいきません。有線では接続・設定できるんだけど無線のランプがつかない。なんで一緒に壊れるんだろうね?馬に乗りに行っている間に雷でも落ちたのかいな。

 無線の方はどうしようもないのでPCはHDD交換して再インストールします。60GBのディスクが余っていたので交換して、まあ時間はかかるけど作業自体は単純ですね。問題は壊れた方のディスクで「最悪でも筆王の住所録は救いたい」というご要望。ディスクが認識されないような壊れ方じゃなくて、Windowsのロゴ画面までは表示されていたのでなんとかなると思うけど、こればっかりはやってみないとわからない。

 USB接続のケースに入れてつないでみると、3分くらいしてからドライブとして認識されて第一関門クリア。アクセスしようとすると「ギー、カンカン」が続いて、10分くらい放置してみたけど変化無し。となると困ったときのDOS窓頼みで、chkdsk /f してみました。「ん~、ダメかなあ」と思いつつXPのインストールをしながら放置しておいたら少しずつではありますがエラーが表示されていました。エラーが表示されていると言うことは望みがある(変な表現ですが)ということで「朝まで放置すれば終わるかな?」と思ったら意外に早く30分ほどで終了。「~を修復したよ」「壊れたところにあった~ファイルを移動したよ」というような頼もしいメッセージも表示されて無事にアクセス可能になりました。あとは壊れた場所に大切なファイルが無かったことを祈るだけで、奥さんに引き渡して作業終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

トルコ語講座 その7

動詞: 現在、否定、疑問

 さて・・・ 例によって頭は混乱していますが、それはまあいつものことなので気にしないようにするとして。なんか今日の授業は早口言葉を習っていたような気分です。

 たとえば「来る」という単語。辞書には gelmek とでているそうですが、これのmekを取っ払った gel が語幹になります。先週ならった「語幹+時制+人称」の最初の部分ですね。これに現在形をあらわすiyorをつないで( iyorの i は母音調和させること) geliyor 。これに人称を表す尻尾をつければ現在形のできあがり。来るのが「あなた」なら sunuz をつけましょう。 geliyorsunuz 。

 これを「来ない」というふうに否定してみましょう。語幹と時制の間に m をはさみます。正確には語幹+mi+yorと分解するみたいですが、結果的に m + iyorと同じなので。gelmiyor、今度は「(私は)来ない」ということで um をつけて gelmiyorum。

 この勢いで疑問形いってみましょう。「語幹+iyor mu+人称」。あ、この mu は、前にやった evde mi?の mi と同じ奴だ。前の単語の最後の母音に調和するんですが、前は必ず iyor で終わるので mu に固定されちゃうわけですな。ちょっとラッキー。で、二人称単数(仲の良い相手にしか使っちゃダメ)をつけてみると geliyor musun?

 実は一番シンプルな例外処理のない単語を使いました。基本は動詞の語幹は子音調和しない(けど例外の単語あり)とか、語幹が母音で終わっていると最後の母音が消えるとか、3人称複数の場合の疑問形の例外処理とか色々あって面倒なので ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

38・39鞍目

 今日も朝から良い天気で日焼けするだろうなあ・・・

38鞍目 トロイア

 再びトロイア。お尻でバランスを取る練習ということで、常歩の時に鐙から足を外して手綱も放しちゃいます。で手を少し両側に開いて体を左右にねじる。ねじったときに脚でつかまらずにお尻でバランスを取る・・・グラグラします ^^;
 昨日と同じ弱点対策調馬索グルグルです。足の位置に気をつけて、腰の前後の動きにあわせて膝は多少開いてもOK。昨日よりは多少マシになったらしいんですが本人にはよくわかりませんでした??
 奥さんと交代して外周を回りますが、試しに駆歩の合図をしてみると「おや?ちょっと反応がある?」でも速歩になっちゃいましたが。常歩に戻してすぐ合図をだしてみると、走った走った。さっきまで調馬索で走っていたのでトロイアのやる気が残っていたみたいです。半周で止まっちゃいましたけど、その後も何度か駆歩発進に成功。いやあ、良い気分。

39鞍目 ロイフ

 ロイフ久しぶりだな。やたら眠そうだけど。最近「さすがに軽速歩では鐙が深くならなくなったなあ」と思っていたんですが、ロイフに乗っていなかったからみたいで・・・。足がちょっと浮き気味でした。こんなに反動大きかったかなあ。
 駆歩は足の位置を動かさないことに全力を使い果たしてしまい一周で体力がつきます。なんだか今までで一番疲れたようが気がする。

今日の注意点・・・曲げるときに外側の手綱を前に出さないこと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

36・37鞍目

 朝のうちは曇っていたんですが馬場に出たら晴れました。本当は曇りの方が楽なんですけどね。乗る前に馬のブラッシングをするように言われましたが、毛が抜ける抜ける抜ける。続けるだけ抜けていくので適当なところで止めました。

36鞍目 シルバー

 速歩の特訓?速歩で一周(お尻痛い痛い)軽速歩で半周(一休み)というのをひたすら繰り返しました。速歩であまりはねなかったので「俺、うまいじゃん」と思ったらシルバーは駆歩の反動は大きいんだけど速歩は楽だそうで。なんだ、馬のおかげか。

 その駆歩もなかなか続かず半周でストップ。一度だけ元気に一周半くらいしましたが馬がその気だっただけで「速すぎ速すぎ」と言われちゃいました。抑えなくてはいけないんですが抑えると止まっちゃいそうで手綱を引けないんです・・・

37鞍目 トロイア

 前回全く動いてくれなかったトロイア・・・。なんか痩せたみたいです。今回は先生曰く「弱点対策レッスン」。私の課題は「駆歩でお腹を引かない、足をぶらぶらさせない」。奥さんと二人で交互に馬場の中央で調馬索なので、待ってる間は一人で外周を速歩、軽速歩してます。今日はトロイア言うことを聞くなあ。先生が見えているせいかな?

 私の駆歩は「足を動かさないようにする」「脚でしがみつこうとする」「上体も一緒に丸まってくる」ということだそうで。体をぎゅっと縮めようとするんでしょうね。調馬索でぐるぐる回っていると、たまーに衝撃がほとんど無いときがあるんですが、それを維持できるかと言うと・・・。足の位置も「そこの位置をキープ!」と言われるところは本人の感覚だとかなり後ろの方に感じます。ここまで下げるのは大変だあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ペペロンチーノ リトライ・・・エラー

 奥さんが打ち合わせで遅くなるから夕飯いらないってことで、ペペロンチーノに再度チャレンジ。結果は・・・惨敗 orz

  • 「塩が少ないのでは?」という指摘があったので塩増量
  • フライパンよりナベのほうが焦げにくいらしいのでナベで
  • 麺は細い方がいいらしいので 1.7mmから1.4mmに変更
  • とうがらしは1本だけ
  • 醤油は禁じ手 ^^;

 やっぱりニンニク焦がしました。油断していると一気に焦げるねえ、あれは。塩は食卓塩のビン半分くらい入れた気がするけど多すぎるような気が・・・。なんだか喉が渇くし。

 次回は焦がさないように最新の注意をしつつ、オリーブオイルの量を少し減らしてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »