« トルコ語講座 その8 | トップページ | 気力消失 »

2006年6月12日 (月)

【本】イン・ザ・プール

イン・ザ・プール 奥田 英朗  文藝春秋 (2006/03/10)

 なにかのついでに友達がくれた本。予備知識ゼロで読み始めたら面白かった!ひさしぶりに電車の中で笑いをこらえました ^^) 患者がみんな真剣なだけに、とぼけた医者に大笑い。
 ちょっと残念だったのは意表を突く患者がいなかったことかな?だいたい思った通りの症状というか展開なので意外性という点では物足りなかった。ちょっとだけ北杜夫の奇病連盟を思い出しました。

 嬉しいことに続編がでています。でているどころか続編で直木賞とってるんですね。まだ文庫にはなっていないようなので単行本を図書館で予約しとこ。

 面白かったので奥さんにも貸してあげようと思ったら「部屋に落ちてたんで拾って読んじゃった」・・・いつのまに。

|

« トルコ語講座 その8 | トップページ | 気力消失 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】イン・ザ・プール:

« トルコ語講座 その8 | トップページ | 気力消失 »