« 【映画】ハル | トップページ | トルコ語講座 その9 »

2006年6月17日 (土)

柴又帝釈天

 ちょいと友達との集まりがあって江戸川区方面へ。2年ぶり(もっと?)くらいに背広にネクタイしましたが、暑い・・・・くるしい・・・。毎日コレで通勤している方々には頭が下がります。途中でちょっと手間取って集合時刻に7分遅刻 ^^; 待たせて悪かった>みんな

 近所だからということで帝釈天に行って食事にすることになり、ローカル線の雰囲気ただよう京成金町線で柴又へ。駅前には寅さんの銅像が建ってますが、私にとっては寅さんより両さん(こち亀)のイメージが強いです。駅も小さいし参道も狭くてくねくねしてて浅草寺の仲見世とは大違いで、時間も遅めだったので人も少なめでした。

 お参りをして裏に回るとガラス張りのハイカラな建物・・・と思ったのは本堂のまわりに彫刻が彫られていてそれを保護するためにガラスで覆ったそうで、中尊寺の金色堂みたいなもんですか。

 夕飯は川魚のコースをめいっぱい詰め込んで満腹で帰路につきますが、このへんの路線図ってさっぱり頭に入ってないんだよねえ。しばし悩んでコースを考え帰宅したけど、帰って駅すぱあとで調べると3番目の選択肢でした ><

|

« 【映画】ハル | トップページ | トルコ語講座 その9 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/10584535

この記事へのトラックバック一覧です: 柴又帝釈天:

« 【映画】ハル | トップページ | トルコ語講座 その9 »