« 桜奈 | トップページ | ステンレス »

2006年8月27日 (日)

【本】平将門 黎明の武者

平将門―黎明の武者(つわもの)上下 ハルキ文庫 高橋直樹

 もちろん将門の名前は知っているし朝廷に逆らったのも知っているけど、じゃあ本拠地は?時代は?ということになると、ずっと東京に住んでいたのに実態は全く知りませんでした。神田明神にまつられているとか、秋葉原に関西系の店がでてくると祟るとか(?)、帝都物語は知っているんだけど。そういうのは知っているとは言わないか。

 名字が「平」なんで単純に源平の時代、鎌倉時代のちょい前あたりかと勝手に想像していたら、その200年くらい前の人でした。反逆といってもアテルイのように征夷大将軍とがっぷりよつに組んで戦ったわけじゃなくて、どっちかというと関東の内乱っぽいのね。

 もとの知識がまっさらなんでいちいち「ほぉ~」と読み終えましたが、こういう小説につきものの参考文献が書かれていないのでそこから手頃な文献に手を広げることができないのがちょっと残念。

|

« 桜奈 | トップページ | ステンレス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】平将門 黎明の武者:

« 桜奈 | トップページ | ステンレス »