« 55~56鞍目 | トップページ | トルコ語 秋期講座 »

2006年9月18日 (月)

57・58鞍目

 台風の影響で昨夜はスゴイ雨。朝になっても降っていたけど乗馬クラブに電話してみたら「降ったり止んだりだけど、たぶん大丈夫」とのこと。じゃあ行ってみよーか。

57鞍目 トロイア
 晴れ間を狙って乗りますが少々蒸し暑い。馬場はあちこちに水たまりができてますが、こういうときは馬が道を選んでしまうので勝手に歩かせないようにしなきゃいけない、と言われました。水たまりの直前にヒョイと横にずれそうになったら、手綱じゃなくて脚で抑える。

 輪乗りの時は通過する4点を決めて、そこを通るようにすること。ひとつでもずれると後が大変なので早めに修正。なんでも早めに対処できれば苦労は少なくてすむらしいです。馬の顔は内側に向けて、それで内側に入ろうとしたら内側の脚で押すと。しかし左脚が押せません・・・。

 軽速歩は少し良くなった(良いときがある)らしいですが、本人は大変になったような気がしています。駈歩も前よりは足が動かないけど、そのかわり上体を丸めてバランスを取ろうとしているらしい。

 最後の方は雨が降ってきたので早めに終了。洗い場に馬をつないだら土砂降りになりました。

58鞍目 ロイフ
 午後は晴れ間が見えてきた。ロイフが歯を食いしばってハミをつけさせず、10分ほど格闘しました。「絶対に口あけるもんか!」という気迫が伝わってきたような・・・。こういうときにニンジン見せたら口あけるのかな?

 今回も膝下を馬に密着させつつ鐙を意識してみる。駈歩でも鐙に乗っている感触がたまにあるけど足首が固まってる。おそらくそのとき上体は前屈みになっているのではないだろうか?今度ビデオ撮ってもらって確かめよう。速歩では足がポンポン弾んで鐙を踏むどころではなかった。膝と足首で反動を吸収するんですよねぇ・・・。

番外:チェリー
 また馬車馬チェリー君に乗せてもらいました。今回も鞍無しで、やっぱり毛が抜けます。前回よりはだいぶ余裕がでてきて常歩で馬場を2周。調子に乗って速歩にもチャレンジ。馬車馬なので脚よりも声に反応するそうで、速歩を出すには脚で合図しつつ「(気迫を込めて)ハイ!ハイ!」とかけ声。案外あっさり速歩でました。上下の反動は少ないですが、左右のバランスが難しい。あとで先生に聞いたら「ちょっと傾いたら即修正すれば問題なし」。気持ちとしては「崩れる直前に修正」ってことでしょうか。

|

« 55~56鞍目 | トップページ | トルコ語 秋期講座 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/11962160

この記事へのトラックバック一覧です: 57・58鞍目:

« 55~56鞍目 | トップページ | トルコ語 秋期講座 »