« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

【乗馬】 59鞍目

59鞍目 ロイフ

 天気予報が大ハズレ。パラグライダー日和のはずが朝から雨降ってますけど、一応山に行って「こんな天気なのになんで来たの」という挨拶をみんなでかわしてから乗馬へ。あれ?雨止んだかな?

 さて、初拍車の日ですが私が買っていった一番安い奴は先端が丸くないのでダメってことで、たまたま別の会員さん用に準備してあった丸いのと交換してもらいました。拍車に関する注意点は、

  • つま先はなるべく前に向ける
  • 拍車を使うときと使わないときの区別をしっかりする。
  • 使うとき:足首でクイクイ
  • 使わないとき:ふくらはぎをギューッと「ねちっこく」使う

 使用感は「効いてるんだか効いてないんだか、さっぱりわかりません」が、グサグサ当てると怖いことになりそうなので気は遣いました。でも速歩で足がばたついているときは気なんか遣ってる余裕は無かったです ^^;

 今日の新しい注意点: 手前を変えるのは人も馬も大変なので、まず手前を変えることに集中して、落ち着いたら鞭を持ち替える(鞭を持ち替えるときって手綱がゆるんだり上体がばたついたりで大変だもんな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

【本】 GOTH 僕の章

 最後の章「声」は普通に騙された・・・というか読み直したけど自信が無い ^^; 「夜の章」に少しあったユーモラスな感じが消えて不気味さが増したように思えるのは、森野夜の出番が減ったせいだろうか?元々は一冊の単行本を「夜」と「僕」の2冊に分けたということなので、元の単行本で読むとまた違った印象を受けたのかもしれない。単行本の章立てはどういう順序なのか気になるので図書館か本屋さんで見てみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

バンジージャンプ@よみうりランド

_ban ちょろっと3時間ほど仕事をさぼってよみうりランドバンジージャンプしてきました。パラグライダーで高さには少しは慣れてるかなと思ったけど、やっぱりドキドキしました。高さは22mで、10~20mくらいが人間一番怖さを感じるって何かで読んだ気がするけど、実際に端っこに立つと結構怖いっす。

 前にいたお姉さん、かなり本気で怖がっていてカウントダウンが終わっても飛べずにやり直し。でも2度目で見事に絶叫と共に飛んでいきました ^^)

 その後に奥さんが無言で(あとで聞いたら「怖い~」って言ってたらしいけど、叫ばないと聞こえないから)落ちていって、いよいよ自分の番。待っている間もハーネスにヒモをつけるときも普通に話ができていたけど、飛び出し口に立つといきなり緊張!「え?こっから飛ぶんだよなあ?」

  • 手は頭の後ろで組む
  • 手すりにはつかまらない
  • 足でジャンプすると危ないので前に倒れるように落ちる
  • 心の準備ができたらカウント開始するので言ってください
  • 「3、2、1、バンジー」で飛ぶ(落ちる)

という説明を受けたあと遠くを見て一呼吸。「はい、いきます!」と係のお兄さんに宣言するとカウント開始。カウント中は「これで体が動かなかったらかっこ悪いだろうなあ」と一瞬考えましたが「バンジー」の声で無事前に倒れ込みました。

 倒れていく途中は意外にも普通です。途中から「ありゃりゃ」という感覚と共に前に放り出される感じがして墜落~。なにか叫んでやろうと思っていたけどあっというまに一番下で、そのあと反動で上昇。このあたりで「うわーい」というような声が思わずでました。考えてみると落ちるより放り上げられる感覚の方が慣れていないわけだ。

 お値段はバンジーにしては破格の900円。入場券が別途かかりますが読売新聞からふんだくるとかヤフオクで入手すれば格安でバンジー体験できます。心おきなく叫べる貴重な場所としてお薦めします ^^)

追伸: 女性にとっては飛び降りるよりも受付の体重計の方がコワイかも ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

【本】 GOTH 夜の章

 友達が貸してくれた本。短編が3つの薄い本(180ページくらい)なのですぐ読み終わった。猟奇的な描写が色々とでてくるし普通に考えたら主人公の2人はとんでもない奴らなんだけど、なぜかどことなくユーモラスなのが楽しい。でも一番意表をつかれたのは、あとがきにでてきた「グループSNE」という名前かなあ。
 同じシリーズの続編も借りているので読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Acronis True Image 9.0

Acronis True Image 9.0を使ってみました。ブータブルCDから起動してネットワークやUSB接続のディスクが使えるのはとっても便利。今まではPowerQuestのDriveImageを使っていたんだけど、なんせ古いためDOSベースだったからなあ。

 圧縮イメージ作って復元しましたが、復元時にも結構時間がかかりました。CPUがCeleron800だからパワー不足かも知れません。遅いCPUを使うときは圧縮しないほうがいいかなあ。CPUとDISK I/Oの性能を秤にかけて判断しなきゃいけませんね。

 さて、復元が終わって起動させようとしたらいきなりハングアップ。BIOS表示が消えたところで画面の左上に変な文字が2つくらいでて固まりました。ありゃりゃ。電源切ってつないだままにしてあったUSBディスクも外してリトライしたけど同じだよ?ブートのトラブルはだいたいこれで直るだろうと懐かしの FDISK /MBR したら無事に立ち上がりました。


 これ、実は客先で急に必要になってVectorでダウンロードしようと思ったらダウンロードボタンがない。あれれ?と思ってしばし悩むとトップページに 【重要】ダウンロード及び販売の一時停止のお知らせというのがでていました。社内のPCがウィルスに感染したんで安全確認が終わるまでダウンロードできないってことらしい。大変だろうなあ・・・。

 急いでいたのでNiftyのページでダウンロード・購入しました。いまは同じようなサービスがあちこちにあるからラクですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

またFlets光がコケた

 夕方お客さんから「会議から戻ったら外部にアクセスできなくなっていた」と連絡あり。全滅状態なので出入り口が怪しいだろうとルータ類を目視でチェックしてもらうが赤ランプとかはついていないらしい。それじゃあ足回りだろうとフレッツの障害報告を見に行ったらビンゴ!障害発生中でした。

 つい最近も同じ港区で障害が発生していて別のお客さんの問い合わせを受けた覚えがあるので、正直「また?」という気持ちだけど安いだけのことはあるわけだ。業務で使うならバックアップに別会社の線を引いておかないと危ないな。専用線だと(トラブル自体が少なかったし)障害が起きると電話とかFAXで連絡がきたけど、自分で調べに行かないとわからないというのが落とし穴かも。お客さんと電話で話ながら「アクセスできないのにどうやって情報見ればいいんですかね?」「電話ください、調べますから」というような会話をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

JATA世界旅行博2006

 毎日遊び歩いていますね。今日はビックサイトに世界旅行博の見学に行ってきました。入場料が1200円ですが当日VISAカードで購入すれば1000円、なんですが売り場にはえらい行列ができてました。まさかとは思いましたがオーソリ端末で承認取ってサインさせてます。横で係のお兄さんが「システムの都合上お時間がかかります」って叫び続けていましたが、なにか方法なかったのか??最近はスーパーのレジだってサイン省略でチャチャっと処理してるのに、オフィシャルスポンサーの印象悪くしてどうするんだ>VISA

 でも割引+隣の福引きで300円分の券が当たったので、それほど怒らずに入場。会場内は相変わらず雑然としていますなあ。なんというかやる気のあるブースと、いい加減なブース(無人もちらほら)の差が激しい。まあ国内企業系は(比較的)頑張ってますが、その他は最終日の午後のせいか「もう終わった~」感が漂ってましたね。「聞いても全然答えてくれない、やる気なさそー」って怒ってたオバサンいました。

 (無料配布、有料ともに)食べ物関係には行列ができていたし、ステージや音楽の演奏なんぞは楽しそうだけど、それ以上の具体的な情報を求めていくとストレスたまります。なんとなく縁日をぶらつくくらいの気分で行くのがよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

【本】 命の風

命の風(上・下)

 珍しい(唯一?)パラグライダー小説。小道具としてパラグライダーがちょいとでてくるというレベルじゃなくて全編これパラグライダーが主役でエリアは朝霧。私は飛んだことないんですが話だけは聞いたことのある地名がいっぱいでてきます。

 パラグライダーをとっぱらうと、ええっと、恋愛小説になるのかな?時間が現在と過去を行ったり来たりするスタイルの小説は苦手なもんで上巻はちょっとイライラしたけど下巻は久しぶりに一気読みしました。一つだけひっかかったのは、いかにスクールの校長とはいえ、あの場面に上級機を持って行くかなあ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第38回 愛馬の日@馬事公苑

 今週は乗馬ネタ多いな。東京の馬事公苑で行われた「第38回愛馬の日」に行ってきました。ゴールデンウィークのホースショーと並ぶ馬事公苑の主要イベントです(たぶん)。天気予報はイマイチでしたが昼過ぎに曇った以外はだいたい晴れてました。

 オープニングパレードが始まって放送で解説をしている声に聞き覚えがある・・・小淵沢のホースショーで解説をしていたおじさんだな?そういえば小淵沢で「馬の語り部」って紹介されていたっけ。もしかして全国どこでも馬のイベントがあると必ず姿を(声を?)現すのかも。

 どんな様子だったかは写真馬事公苑のホームページをどうぞ(手抜き) 。

 場所と時期からしてカバロやHORSYの袋を持った人が結構いましたけど、それ以外にも人垣の中で演技を見ながら聞こえてくる会話からすると乗馬人口率はだいぶ高そうです。が、耳に入ってくるオバサンたちのちょっとピリピリ緊張感ある会話を聞いていると「こんなオバサンが一杯いる乗馬クラブには行きたくねー」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

カバロ クリアランスセール

_cava 半年に一度のお買い物dayがやってきました。先日の乗馬のあと「急ぎじゃないけど長鞭と拍車を買っておいて」と言われ、「じゃあカバロがセールやるとき買います」と言った矢先です。漠然と10月頃かなあと思ってホームページをチェックしたらなんと今週からで、タイミング良すぎ。

 自由業夫婦の強みで初日の午前中から出陣。前回は週末に行ったのでスゴイ人だったけど、さすがに平日はすいてました。と言っても結構オバサマたちのグループがいらっしゃいましたが。

 長鞭と一番安かった拍車セット、グローブがそろそろ破けそうなので今の物よりはちょっとマシな奴を購入。残念ながらどれも定番商品なので半額にはならず3割引でした。あとは写ってませんが「My手入れブラシ」と馬たちのおやつ、頼まれ物を少々と奥さんの買い物で、なんやかんやで1時間半ほど店内をさまよっていました。

 でも拍車つけるの怖いなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

メガネのオプション

 馬に乗って激しく揺れたりパラグライダーで冷や汗をかいたりすると、メガネがずり落ちてきて気になる。どっちもそういう状況だと手が離せないことが多いので困るわけだ。しかたがないのでメガネの後ろを留めるバンドを買いに行った。1050円なり。

 買って帰ろうとしたらカウンターのところに「鼻パッドの交換します」という立て札があって「滑りにくいシリコンゴム製630円」だそうな。今のメガネについているのはプラスチック製なので、試しに交換してみた。
 その場で5分くらいってことなので待っていたけど、メガネを渡してしまっているから店内を回っても物が見えないから困るな。ついでに掃除もしてくれたようできれいになって戻ってきて、さてどうかな?
 ん、確かに滑りにくい。汗でぬれるとどうなるかわからんけど、これとバンドで対策は完璧かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

トルコ語 秋期講座

 今回の乗馬では背中は筋肉痛にならなかったけど、内股の付け根は相変わらず筋肉痛。それと膝下を押しつけていたせいか、今までなったことのない膝の裏側すぐ下の外側あたりが軽い筋肉痛。

 トルコ語秋期講座の案内がきました。春期講座は入門編だったので、今回は初級編になります。と言ってもたぶん入門編の続きからやるんだろうな。10月16日から12月18日までの毎週月曜です。興味がある人は日本トルコ協会に問い合わせてください。ホームページには秋期講座の案内はでていませんが・・・。

 トルコのホームページを眺めていると、意味はさっぱりわかりませんが単語の尻尾を見て「あ、これは動詞だ」「これは修飾語」くらいの判別は可能です。講座でもそれなりに興味を持って勉強しているわけですが、やっぱり必要に迫られた実地訓練にはかなわないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

57・58鞍目

 台風の影響で昨夜はスゴイ雨。朝になっても降っていたけど乗馬クラブに電話してみたら「降ったり止んだりだけど、たぶん大丈夫」とのこと。じゃあ行ってみよーか。

57鞍目 トロイア
 晴れ間を狙って乗りますが少々蒸し暑い。馬場はあちこちに水たまりができてますが、こういうときは馬が道を選んでしまうので勝手に歩かせないようにしなきゃいけない、と言われました。水たまりの直前にヒョイと横にずれそうになったら、手綱じゃなくて脚で抑える。

 輪乗りの時は通過する4点を決めて、そこを通るようにすること。ひとつでもずれると後が大変なので早めに修正。なんでも早めに対処できれば苦労は少なくてすむらしいです。馬の顔は内側に向けて、それで内側に入ろうとしたら内側の脚で押すと。しかし左脚が押せません・・・。

 軽速歩は少し良くなった(良いときがある)らしいですが、本人は大変になったような気がしています。駈歩も前よりは足が動かないけど、そのかわり上体を丸めてバランスを取ろうとしているらしい。

 最後の方は雨が降ってきたので早めに終了。洗い場に馬をつないだら土砂降りになりました。

58鞍目 ロイフ
 午後は晴れ間が見えてきた。ロイフが歯を食いしばってハミをつけさせず、10分ほど格闘しました。「絶対に口あけるもんか!」という気迫が伝わってきたような・・・。こういうときにニンジン見せたら口あけるのかな?

 今回も膝下を馬に密着させつつ鐙を意識してみる。駈歩でも鐙に乗っている感触がたまにあるけど足首が固まってる。おそらくそのとき上体は前屈みになっているのではないだろうか?今度ビデオ撮ってもらって確かめよう。速歩では足がポンポン弾んで鐙を踏むどころではなかった。膝と足首で反動を吸収するんですよねぇ・・・。

番外:チェリー
 また馬車馬チェリー君に乗せてもらいました。今回も鞍無しで、やっぱり毛が抜けます。前回よりはだいぶ余裕がでてきて常歩で馬場を2周。調子に乗って速歩にもチャレンジ。馬車馬なので脚よりも声に反応するそうで、速歩を出すには脚で合図しつつ「(気迫を込めて)ハイ!ハイ!」とかけ声。案外あっさり速歩でました。上下の反動は少ないですが、左右のバランスが難しい。あとで先生に聞いたら「ちょっと傾いたら即修正すれば問題なし」。気持ちとしては「崩れる直前に修正」ってことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

55~56鞍目

55鞍目 トロイア

 台風接近中で風が強いかなあと思ったらそうでもない。「お、飛べるかな?」とパラグライダーに行くか乗馬に行くか考えている途中で今日は17日、山の神様の日なのに気づいた。というわけで今日も乗馬に。

 1鞍目は10時から乗ったけど、昨日より少し蒸し暑いかな?その前に外人のビジターさんが来ていましたが、レンタルのヘルメットをあわせるときに「ヘルメットと頭の形がピッタリ」だったそうです。やっぱりあちらの形に合わせて作られているのかあ。私の場合長時間かぶっていると頭の横が痛くなることがあります。

 今日はふくらはぎを常に馬の腹につけておくよう努力してみる。やってみるとこれがつらくて股関節がひきつる。今までは軽速足で立つときに足を開いていたようだ。これを続けて体を起こすようにすると腹筋がつらい感じ。ということは筋肉痛になるのは腹筋であるべきで背中が筋肉痛というのは??

56鞍目 トロイア

 5月の連休以来の4頭で部班。朝より動いてない感じだ。3番手なのに前についていけずに引き離されています ^^; 遅れすぎると「ムチ!」という指示が飛んできますが、速足で前に追いつくのにムチを使うのも情けないのぉ。

 輪乗りの時に馬の顔が外に向いている・・・。内側に向けようとすると内側に切れ込むのは、やっぱり外の手綱のせいだろうなあ。というわけで輪乗りがダメダメということが判明です。常足の輪乗りからやり直した方がいいのか?ベテランクラブ員さんの「常足でできないことが速足や駈足でできるわけがない」というお言葉が説得力あるなあ。

 駈足のときも顔を内側に向けてから発進するように。ついでに自分の体も左に向いている(右肩が前にでている)らしい。これは乗馬の時だけじゃなくて普段からなんです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

54鞍目

54鞍目 シルバー

 3頭で部班。常足も速足も春先の頃よりは少しはスピードが速い気がする。足がジタバタしているのは変わらないけど。左に体重をかけることを意識してみるが、やっぱり左足が使えない。そっちにばかり気をとられていると他がダメになるし。どうも何かに気をとられていると体が前屈みになっているような気がしてきた。
 輪乗りが相変わらず輪にならないのは外の脚と手綱のせいだと思われる。先生に「もう右ひいて右、左引いたら左という段階から抜けなくちゃいけない」と言われた。

今日の注意点

  • 足首を柔らかく
  • 膝をもうひとつ後ろに引く
  • 駈足で足がバタバタしてる
  • 肩を開いて体を起こす
  • 手の位置はもうちょい上でいい

と、まあ今までと同じことを繰り返し注意されております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

UPSバッテリ交換など

 バッテリ寿命でこないだから時々ピーピー言ってたUPSのバッテリを交換。2年に一度くらいですが、何度やっても重い!腕がよれよれになります。それにしてもみなさん、アラームが鳴ってもあまり気にしないようで、あまり警報の意味がないなあ。

 WSUSのログをチェックしたら1台エラーになってる奴を発見。調べに行くと「あ、いいところに!私のPC、メモリが一杯になっちゃいました」。メモリとディスク容量の区別をしない人って結構多いですよね。Cドライブのプロパティを開くと真っ青でした。これがエラーの原因か。

 OutlookExpのメール削除したら定期的にクリアしてほしいんだけどなあ。添付ファイルとかもあると何年分もため込んでいるとディスクがいくらあっても足りないんだけど。「必要になることがあるから」ということだけど、それなら保存用フォルダを作ってそっちに移動しておけばいいのでは?全部「削除済み」で保管(?)しておくと本当に必要ないダイレクトメールとかも消去できないですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

トルコでパラグライダー計画(予定)

ちぇりちゃい暮らしでrie_nekoさんのトルコ旅行記を見ていたらウズウズしてきた。最後にトルコ行ったのは確かシドニーオリンピックやってたときだから・・・6年前か!?そろそろ行きたいなあ。

 意外なことにトルコでもパラグライダーができる場所があって、一部の方面では結構有名。そこに飛びに行くツアーも少ないながらあって今年行けないかちょっとたくらんだんだけど、いかんせん値段がバカ高で。時期を考えると普通のツアーの倍以上、航空券だけで自力で行くのに比べると3倍近い値段なんですな。いかに手間が省ける&安心料たってちょっとつらい。

 「じゃあ一人で行ってくれば安上がりだし、時期も自由に選べてラッキー?」

 さっそく調査(検索)開始。まるで旅行を暗示するがごとく行き当たりばったりで検索していって"Yamaç Paraşütü"というのがトルコ語の「パラグライダー」らしいことが判明。ParaşütüはパラシュートだろうからYamaçのほうを辞書で引いてみると「(丘の)斜面」だそうな。斜面パラシュートってことで雰囲気出てます。思わず斜面を上り下りしていたスクール時代が頭に浮かびました。

 キーワードがわかればあとは芋づる式で検索していけます(便利な時代になったもんだ)。

とりあえずこのくらいから進めていこう。トルコ語の勉強にもなるし一石二鳥?有名エリアではタンデムも営業しているみたいなので、最初はグライダー持たないで偵察に行ってきてもいいな。それでもまだツアーより安上がりだし。


 ・・・などと妄想を広げていますが、ハイ、お察しの通り現実逃避活動です。なんかここ数日仕事忙しくてねぇ。でも計画は実施に向けて少しずつ進めて行きたいと思います。目標は来年の6月くらいかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

【本】魔術師エベネザムと不肖の弟子

 「ちょっとユルめの笑えるファンタジイいかがですか?」(本のオビより)に惹かれて購入したけど、ちょっと不発気味。つまらなくはないけど解説の「抱腹絶倒のユーモア小説」というのは言い過ぎだと思う。

 偉大な(?)魔法使いと頼りない弟子が旅するというとバリー ヒューガートの三部作を思い出したけど、あれに比べると読みやすい。そのへんが「ユルめ」ということなのかも。これも三部作の一作目なので、これは導入編でこれから盛り上がる可能性に期待して続編も読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

男前豆腐

 玄蕃蔵のために買った「男前豆腐」と「京都ジョニー」。ここの豆腐は時々近所のスーパーでも売ってるけど、普段は置いてない。今回はデパ地下で買いました。「風に吹かれて~なんとか」ってのも売っていて、以前見たときは京都ジョニーというのは無かった。なにが違うのか売り場のおばさんに聞いてみたら「青い方(風に吹かれて)は茨城工場で作っていて、スーパーなんかでも売ってて差別化がなんとか、むにゃむにゃ・・・」多少歯切れが悪い ^^; ブランドイメージの維持か安売り防止か、そういうことらしい。

 ずっしり重い男前豆腐。大変おいしかったです。2人で食べたらこれだけでお腹いっぱいになって京都ジョニーのほうは食べられなかったのです(日曜日)。

 翌日京都ジョニーを食べたけど、これは柔らかすぎて好みでは無かった。箸でつかめないんだもん。スプーンで食べたせいか味もなんだか豆腐じゃないような気がして。絹ごし好きの奥さんも首をひねっていたくらいだから、木綿の好きな私には無理ですって。

 次回は納豆も買ってみよう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年9月11日 (月)

エイビーロード休刊

_ab 老舗情報誌ですが、これも今月号で休刊。先日のDOS/V SPECIALと違ってこっちは数ヶ月前にニュースになっていたので突然でビックリということはないです。

 記念に買ってきましたが、表紙は普通。左上に「23年間ありがとう!最終号!!」、ちょい下に「最終号特別企画」という文字がなければ休刊とは気がつかないかもね。記念に歴史を振り返る特集でもあるかなと思ったけど、ごく普通の内容でした。創刊号の表紙とか当時のツアー料金なんぞを見たかった気がちょっとする。

 23年前というと1983年?ちょうど私が始めて海外旅行をした年だけど、エイビーロードあったのかな?少なくとも買った覚えは無い。だから安い航空券を買うどころか情報を調べる方法も知らないで苦労したっけ。だいたい経験者からの口コミとかだったような気がする。
 その後も旅行前に買うのはもちろんだけど、むしろ行けないときに買ってながめることのほうが多かった。年に5,6冊は買ってたのではなかろうか?その頃の本の厚さは多分最終号の2~3倍あった。

 まあこの本に限らずリクルートの情報誌はオンラインの方が便利なのは間違いないので休刊も無理もないことだと思うけど、ネット上の情報というのはタイムリーな代わりに意識的に保存しておかないと消えちゃうから、たとえば上に書いたような「創刊号や節目の本を見て歴史の変遷(おおげさ?)を楽しむ、懐かしむ」ってことが難しいのがちょっと寂しいといえば寂しい。もっとも昔の雑誌なんてどんどん捨てちゃってるから偉そうなこと言えないんだけどねー。あ、交通公社時刻表は紙が変色しつつも結構残してあるな。あれは復刻版がでているけど、リクルートの雑誌もそのうち復刻版がでたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

玄蕃蔵(げんばぐら)

_gen1_1 _gen2_1 ついに届きました「玄蕃蔵(げんばぐら)」! 500cc入りで1800円(送料込)です。冷静に考えると高いような気がします。

 封を切って蓋を開けるとなんともいい匂いで、ネコにマタタビ状態・・・。さっそくお刺身にでも使いたいところですが予算の関係で冷や奴になりました ^^) でも豆腐は奮発して話題の「男前豆腐店」の男前豆腐と京都ジョニーだ!(今はじめてホームページ見たけど、おもしれー。Flash嫌いだけど許す。)

 色は鮮やか。醤油(関東の)って黒っぽいけど、こいつは紫色ですかね。ワイングラスにでもいれて見てみたいような気がしますが、そうするとつい飲んじゃいそうなのでやりません。味も満足で、あまり醤油を使わない奥さんも褒めていたので一安心。ケチケチ使いたいけど防腐剤のたぐいが何も入っていないので冷蔵庫でもあまりもたないかな?ここは来年に期待してセッセと使うことにしよう。

 ところで「玄蕃蔵」って変わった名前だなあと思っていたら、ヒゲタ醤油の創業者が田中玄蕃さんという人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

学園祭

 母校の学園祭をちょっとだけのぞいてきました。土曜の午前中なので人は少なめ・・・いきなり校庭のテントに行列できてます?焼きそば屋さんでした。並んでいるのはほとんど在校生ですね。

 ちょうど校庭でブラバンの演奏が始まりました。我々の頃の演奏曲はスターウォーズ、ロッキー、宇宙戦艦ヤマト、と言ったら一緒に行った奥さんが「時代が丸わかりだねぇ」。当時は私の所属していた部とブラバンはお隣さんだったのでイベント前は同じ曲を繰り返し聞かされてうるさかったなあ。こっちも負けじと(?)エンジンブン回して対抗してましたが。

 後輩どもの展示を一通り見てみたけど、なーんか手抜きくさくないかあ?そりゃ我々も大したことをしていたわけじゃないけど、一応作りっぱなしじゃなくて研究発表みたいなもんもやってたけどなあ。あ、模型工作のクラブです。

 私の感想:食べ物屋ばっかりだあ(我々の時代はできなかった)
 奥さんの感想:生徒が幼く見える(中高いっしょだから中学生はね)

考えて見りゃ在校生の父兄の人たちは多分私より年下のはず。生徒が子供っぽく見えるのもしかたあるまい。

 帰りに池袋西武に寄ってケーキ買って帰ったんだけど、池袋西武の地下ってこんなに薄暗かったかな?新しい方(総菜などの売り場)はそうでもないけど、古い方は年月を感じるなあ。最近は二子玉川の高島屋に行くことが多いんだけど、あっちは新しいせいか天井も高いし明るい。イメージって大事なんだなあ。有楽町西武がリニューアルしたみたいなので、次はこっちかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

日焼けの盲点

 いくらか日焼けも薄れた気がするけど、それでもまだ「焼けてますね」と言われる。今日も客先で言われたけど、君、先週も会ったでしょ。今より黒かったと思うけど。と言ったら「今日は服が白いから目立つんだ」と反論されました。そういうもんですか。

「顔の横が一部白いですよ」

ん?なんで?

「両方とも筋みたいのが」

あ、ヘルメットのあごヒモか!パラグライダーも乗馬もヘルメットしますが、固定用のあごヒモって結構幅があるから・・・。自分で鏡を見ても見えないから気がつかないのか。これは盲点だったけど・・・防止策あるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

品物は届いたけれど

 Asteriskカテゴリ作りました。

_a_1 先週の木曜日に注文した品物到着。郵便局から普通に小包として配達されてきました。思っていたより小さかった。

 注文したのはX100P FXO PCI CardGrandstream HandyTone 286Digium TDM11B (1 FXS & 1 FXO Ports) 。$301.85 + 送料$43.45でした。

 

_b

 中身はこれ。よく見るとカードのブラケットが曲がっていたりするのはアメリカン・スタンダード ^^) カード類はすぐには試せない(ノートPCで実験してる)ので、とりあえずHT286だけ試してみた。もちろんマニュアルなんてついていなかったのでここからダウンロード。電話機をつないでピポパと設定するのね。DHCPがデフォルトだったけどアドレスの確認がめんどうなので固定IP振ってPCからブラウザで設定。この設定画面って一般ユーザと管理者をパスワードだけで区別するんですか。

 いっぱい設定項目あったけどSIP関係以外は全部放置であっさりつながりました。これならもう一つ買っておけばよかったかな?


 と機嫌良くテストは終了して、さっきブログ巡回してたら、とっても役に立つえふログさんのところでショックを受ける。

今までそこそこ安く買えていたのに、値上げしちゃうしアメリカ国内にしか販売しない ような感じに変更されてしまいました。アカウントを持っているので一応売ってはくれそう だけど。

 え!?さっそくdigitnetworks.comに飛んで試したらアカウント消えてるみたい・・・

大粛正ですか?

 これは「カード買っておいて良かった・・」と安心するところか?

2006/09/10追記:登録した住所は消えていましたがIDとパスワードは復活したみたいです。住所入力で国もJAPANを選べるようになっているので大丈夫みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

燃費が・・・

 新車販売のトップはヴィッツだそうで。そんなに売れているのか。我が家のヴィッツ(通称:ちびっつ)に給油して燃費を調べたら・・・16.7Km/L。げ、悪い。いつもは23Kmくらいなんだけど、これはエアコンのせいだろうなあ。エアコンを使うときは一番弱くしてるけどあまり関係ないのか、それとも強くするともっと燃費悪くなるのか。渋滞でエアコン使ってガス欠っていうのも納得できる。もしかしてハイブリッド車って、その辺も有利ですか?

 土曜日にパラグライダー仲間の車に4人(+グライダー)乗って山を登った時、エアコン付けていると途中で止まりそうになってた。エアコン切ったとたんにグーンとパワーアップしたんでみんなで驚いた。1500くらいの車だったけど大きい車ならエアコン付けても誤差の範囲なのかな。

 日曜の後遺症、筋肉痛が治らない。久しぶりに足から腰、背中、肩と全部きた。最近あまりならなかったんだけど、どいつが原因だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

DOS/V SPECIAL休刊

 定期購読しているDOS/V SPECIALですが「休刊のお知らせ」が送られてきてビックリ。今月末発売の11月号が最後だそうです。手頃な分量と値段で気に入っていたのになあ。「萌え~」が得意な出版社だけど、そっちの方向に悪あがきせずにすっぱり休刊するのは潔いのかな?

 しかしまた手頃な雑誌を探さないといけないのかあ。探した結果がこの本だったんだから、どれを選んでも何か気に入らないところがあるってことだけど。


 先週の木曜に注文したTDM400Pはすぐに「発送したよ」というメールが来て、現在のステータスを見ると「日本で通関中」になってます。EMSってことは郵便局扱いだよね。これって集配局だか本局だかに税金払いに行くんだったかな?コンピュータのパーツは関税無しだったかな?個人輸入久しぶりなのですっかり忘れてる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

51~53鞍目

_sil こいつがシルバー。なんか警戒中?
 いきなり涼しくなったようで日射しは強いですがあまり汗をかかなくなりました。1鞍だけで死にそうになっていたのが2週間前なんてちょっと信じられないくらい。というわけで3鞍乗ってきました。

51鞍目 ロイフ
 あいかわらず朝のロイフはやる気まんまんで音声認識付きオートマ状態です。もちろん音声は先生の声限定ですけど。こないだから言われている「体が右に傾いている」を直そうと意識してみましたが、後ろにいた奥さんに聞いたら「やっぱり傾いている」らしい。傾いているというかお尻が鞍の右にずれているようです。常歩はいいとして速歩駈歩でこれを意識して直そうとすると上体と足のバランスがバラバラになっちゃうようで(元からバランスとれてないけど)。先生には「かなり意識して左に体重かけるつもりじゃないと治らないよ」と脅されているし、特効薬は無さそうだなぁ。困った。

52鞍目 シルバー
 3頭で部班ですが「マイペース」シルバーで先頭になってしまいました。気合い入れて動かさないと。先生から「先頭はペースを作らなくちゃいけないので大変ですが」と脅し、いや激励を受けますが不安に思ったのか自分の短鞭を長鞭と交換されました。短鞭は自分より前で馬の肩を叩きますが、長鞭は後ろに向けて自分の腿を叩くと鞭の先がしなって馬の腹に当たるらしい。途中で何度か使いましたが効きますねぇ。グンっと前にでるので置いて行かれそうになります。
 薄々感じてはいたんですが、左脚が使えていませんね私。特に軽速歩のときに踵で蹴る感触が左右で全く違います。左は「当たってるのか?」というくらいあやふやな感じです。なので左回りの時にはどんどん馬が遅くなる・・・。これも右に傾いているからなんだろうなあ。

53鞍目 キャロル
 あれ?私がキャロルで奥さんがロイフですか?キャロルはちょっと小柄なので男性はあまり乗らないんですが、理由は「なんとなく午前と逆にしてみただけ」だそうで ^^;

 奥さんと2人でレッスンですが「部班じゃないよ」ってことで、それぞれ馬場を逆に回ります。すれ違うときは左側通行ね。これはなかなか新鮮な感じ。すれ違いといっても何もしなくても馬は相手を避けるようですが、その場合は自分がすれ違える分しか避けません。上に乗っている人とか鐙のことは考えてくれないので、すれ違うだいぶ前から注意して避けないといけないわけですね(接触事故1回)。

 輪乗りもそれぞれ馬場の反対側で一人で輪を描くんですが、輪にならねー。蹄跡から輪を描き始めて最後の1/4が特にヒドイ。ふくらんじゃったり内側に入られたりで毎回違うところを通っているような。ふくらまれるのは外側の脚、内側に入られるのは外側の手綱がいかんというわけで、どっちも「外側」が問題なわけかあ。

 キャロルの駈歩はちょっと変。前肢は駈歩してるんだけど後肢は速歩になってるらしく、駈歩が続いているのか速歩に落ちてしまったのかがわかりにくいんですよ。馬に勢いがあればリズムは正しくなると言われましたが「勢いというのはスピードじゃないですからね」と釘を刺されました。ん~、正直なところ違いが分からないです。それが躍動感という奴なんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

強風で断念

 天気予報は最高だったんだけどねぇ。朝から8~10m/sの強風で待機。昼過ぎからちょっと弱くなってきてベテラン組が機体を広げ始め、低いところからタイミングを見計らって飛び出していきます。が、前に進まず時として後ろに下がっているような。

 ランディングで見ていたらそれほど高くないところで1/3ほど潰された機体がいて数秒遅れて「バサーッ」と音が聞こえてきました。「今頃心臓が喉のあたりにあるね」と言いながら、自分たちも途中(車で行けるところ)まで移動します。

 そこで見ていた人たちと「でないんですか」「サポートしてやるからでろよ」と牽制しあい、その気になった(?)人がでましたが、山の斜面に張り付く前からグーンと上がっていって山頂テイクオフ方面に姿を消しました。無線を入れると「トップランしたー」と申告がありましたが、その日の最後までトップランか山沈かで意見が割れていましたねぇ。

 そんなこんなを見ていると出てしまえばなんとかなりそうですが、私の機体の性能で前に出られるかどうか不安なので本日はフライト断念。夕方からクラブの総会、親睦会と続きましたが結局最後まで風は弱まりませんでした。ま、そんな日もありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »