« 男前豆腐 | トップページ | トルコでパラグライダー計画(予定) »

2006年9月13日 (水)

【本】魔術師エベネザムと不肖の弟子

 「ちょっとユルめの笑えるファンタジイいかがですか?」(本のオビより)に惹かれて購入したけど、ちょっと不発気味。つまらなくはないけど解説の「抱腹絶倒のユーモア小説」というのは言い過ぎだと思う。

 偉大な(?)魔法使いと頼りない弟子が旅するというとバリー ヒューガートの三部作を思い出したけど、あれに比べると読みやすい。そのへんが「ユルめ」ということなのかも。これも三部作の一作目なので、これは導入編でこれから盛り上がる可能性に期待して続編も読んでみます。

|

« 男前豆腐 | トップページ | トルコでパラグライダー計画(予定) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】魔術師エベネザムと不肖の弟子:

« 男前豆腐 | トップページ | トルコでパラグライダー計画(予定) »