« るいとう | トップページ | RT58i ファームアップデート »

2006年12月22日 (金)

【本】 銀河ヒッチハイクガイドの4と5

 新潮文庫の銀河ヒッチハイクガイド3部作を初めて読んだのは大学生の時だから20年以上前だ。その3作目(クリケット)の解説だったか後書きだったかに「本国では3部作の4作目が出版されている」というようなことが書いてあった記憶がある。翻訳される気配がないのでペーパーバッグを買ってみたけどバベルフィッシュも無しに読めるわけがありませんな ^^; 正直なところ最初の2冊はゲラゲラ笑いながら読んだけど3作目はイマイチだった(クリケットのネタが多いから?)のであまり残念と言うこともなかった。

 が、宗教裁判並みの不意打ちで突然の映画化。その影響か河出文庫になってめでたく翻訳されて、さらに5作目まででてきちゃったら読まないわけにはいかないじゃないですか。イマイチだったとか言ってる場合じゃないですよ。「魚をありがとう」のほうは舞台が地球に戻ったせいか入り込みやすかったけど、ちょっとヒッチハイクガイドっぽくなかったかな?フェンチャーチの立場がよくわからなかった。「ほとんど無害」のほうはまた別の意味でヒッチハイクガイドっぽくないというか、ラストは賛否両論らしいけど私はそれっぽくていいかなと思いましたね。

 このシリーズは一部の業界(と言っても私が接するのはコンピュータ業界だけど)ではときどきネタとしてさりげなく登場してくるようで(こんなページとか)、Googleにも有名なネタが仕込まれているし「一般教養」として読んでおいた方がいいのではないかね?

|

« るいとう | トップページ | RT58i ファームアップデート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この本目の前に転がってるのですが、まだプロローグしか読んでません^^ 
人生、宇宙、すべての答えをぐーぐる電卓さんに計算させた時は感動もんでしたが。

ところで、Asteriskの終了時?にこの魚本のタイトルが出るらしですね。なんででしょーね!?

投稿: 通りすがり | 2006年12月27日 (水) 08:45

え?知らなかった!
設定やってるときは起動終了を繰り返していたのに。
こんど気をつけて見てみます。

投稿: おねむ | 2006年12月28日 (木) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】 銀河ヒッチハイクガイドの4と5:

« るいとう | トップページ | RT58i ファームアップデート »