« 705T 悪戦苦闘中 | トップページ | 【本】 窓際OL トホホな朝ウフフの夜 »

2006年12月11日 (月)

トルコ語講座 その19

 今日でEmine先生の授業は最後です。が、時間ぎりぎりに教室に着いたら私が一番乗りで「宿題はありましたか?」という確認を引き受けることに。宿題は「ここと、こっちと」と指さして説明すればいいんだけど「前回続きのテキストを渡していないか?」ということを聞かれているのを気づくまでに3分くらいかかったかなあ。

 宿題のチェックをしてから、最後なのでまとめでもやるかと思っていたらそんなことは関係なく新しい章に入っちゃいました。~de,~daで終わる「場所」の表現です。これってodadaとかevdeとか妙に日本語(ちょっとなまってる)に似ているので笑いそうになりますね。「ここ」とか「そこ」だと Burada、Şurada、Orda(発音はそれぞれ「ブルダ」「シュルダ」「オルダ」に近い」)。"Kalem nerede?", "Orda"てなぐあい。

 修飾されている単語にdeやdaをつけるときはnをはさむ必要があり、çay bahçesindeのようになると。あとは色々なものをnerede?と聞かれて答えるということをやって時間となりました。

 たぶん来期は違う先生になるだろうからEmine先生とはお別れだと思うんですが、まだ「ありがとう」「さよなら」くらいしか言えない生徒たち ^^; なんか最後に「よいお年を」と言われたようなんですが。

|

« 705T 悪戦苦闘中 | トップページ | 【本】 窓際OL トホホな朝ウフフの夜 »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/13033996

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ語講座 その19:

« 705T 悪戦苦闘中 | トップページ | 【本】 窓際OL トホホな朝ウフフの夜 »