« 低空飛行 | トップページ | トルコ語講座 その21 »

2007年4月 8日 (日)

【乗馬】 82・83鞍目

 先週咲いた桜は前夜の雨にも負けずまだ残っていました。暑くなく寒くなくハエも少ない理想的な季節だなぁ。桜に誘われたわけじゃないでしょうが馬場の横にキジが遊びに来ていました。馬場を走って横切ったりしてましたが、乗馬にとってはちょっと困りものですね。会員さんが乗っているときに飛び立ってくれちゃいましたが、ちょうど横を通過中のロイフは全然気にもせず、それを見ていた先生「馬としてありえない・・・・」。

82鞍目 トロイア
 ちょっと元気ない、いや元気よく動かせない。馬に何かをさせたいと思ったらまず元気よく動かさないといけないらしいので、これは困った。先月だったか先生に「二人とも常歩で馬が多少動くようになってきた」と言われたのになあ。そんなわけなので(?)例によって輪乗りはダメです。蹄跡から輪乗りに入るところで直進され隅角手前で鋭角ターンです orz。
 軽速歩で座るときに鐙から足が浮きやすくて踏めません。座り方に気をつけるようにと言われましたが、もしかして気持ちとしては座ってはいけないのかな?どうも座るときに反動で足が跳ね上がっているようにも感じるので、今度はその辺を気をつけてみよう。それと足首。「もう無理に踵を下げようとしなくていいので、もっと柔らかく反動を吸収するように」と言われたのもこれにつながるのかもしれない。
 速歩は前傾気味なので、もっと後ろに倒れる気持ちで。ただしそのとき上は向かないようにあごを引いて前方を見るようにする。

 輪乗りでの駈歩発進に初挑戦しましたがトロイアは右手前が苦手。内側の手綱をちょっと強めに引いて駈歩になってもしばらく駈歩の合図をやめないように、ただし手綱はちょっと緩める。そうしないと何歩か走ったとき馬が勝手に手前を変えちゃうそうです。逆手前の駈歩、しかも輪乗りじゃ馬も走りづらいと思うんだけど、それでも変えちゃうんですねえ。

83鞍目 ロイフ
 今日のロイフは機嫌が悪いようで洗い場で耳ふせられ、無口を外そうとしたら噛まれそうになりました。どうしたんだ?先生は小さい馬場で体験乗馬の指導をするので、そんなロイフに一人で乗らなくちゃいけません。が、ハミは普通につけさせて馬場に出たら普段のロイフになったのでちょっと安心。
 常歩、軽速歩、斜めに手前変え、左右の輪乗り、速歩、速歩の輪乗り、と(勢いとか形は別として)一通りクリアできました!トロイアだったらこうはいかなかったろうなあ(昔の悪夢)。
 駈歩は・・・ロイフはトロイアと逆で左手前が苦手。右は輪乗りまでできたけど左は正しい手前にできず。輪のりのほうが手前を合わせやすいかと思ったら駆け足にもなってくれず、ロイフとしては時間的に「もう終わりでしょー」という気分になっているみたいです。ここで終わらせるわけにはいかずに苦労していたら体験乗馬が終わった先生が助けに来てくれてなんとか正しい手前にできて終われました。危ない危ない。

|

« 低空飛行 | トップページ | トルコ語講座 その21 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/14619821

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】 82・83鞍目:

« 低空飛行 | トップページ | トルコ語講座 その21 »