« 久しぶりに壊したかな・・? | トップページ | DELLのサポート »

2007年4月16日 (月)

トルコ語講座 その22

 先週に引き続き超越形のお勉強です。先生曰く「超越形をやらなきゃトルコ語を習ったとは言えない」とかなんとか。なぜかちょっと嬉しそうでした。あいかわらずつかみどころがない超越形なので、こうやって書いていてもすっきりしないというか何を書けばいいのかさっぱりだけど、気持ちを、いや頭を整理するために作り方をメモっておこう。

肯定形(もちろん例外もある)

動詞語幹が母音で終わっている場合 語幹 + r + 人称(-im, -sin, -, -iz, -siniz, ler) 例: okumak(読む)
語幹がl, rで終わっている場合 語幹 + ir + 人称 例: bilmek(知る)
語幹がl,r以外で終わっていて単音節の場合 語幹 + er + 人称 例: yazmak(書く)
語幹が2音節以上の場合 語幹 + ir + 人称 例: anlatmak(説明する)

否定形

これは幸い「語幹 + mez + 人称」だけ。ただし1人称のときだけちょっと例外になり単数ではmezのzと人称のiがなくなり、複数では-mezのzが消えてyが入る。

疑問形

語幹 + ir/er + mi + 人称

疑問形が一番シンプルかな?3人称単数にmi + 人称がつくだけ。


 最後に未来形をちょっとだけやっておしまい。今日はもう一人の戦友(?)がいつもより送れてきたので30分くらいは自分一人で疲れたけど、来週はトルコ人の先生と1対1だ・・・

|

« 久しぶりに壊したかな・・? | トップページ | DELLのサポート »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/14709901

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ語講座 その22:

« 久しぶりに壊したかな・・? | トップページ | DELLのサポート »