« トルコ語講座 その26 | トップページ | 送別会が多いぞ »

2007年5月29日 (火)

【本】 博士の愛した数式

 「理系の感想 plz」と奥さんが貸してくれた本。でも理系だけど情報処理だし数学苦手だから期待には添えないと思います、すんません。大学は理系の単科大だったけど、数学科の連中はちょっと他の学科とは違ってたかな。あいつらは本当に日常から数学命だったのかもしれん。わしらの学科は日頃からコンピュータ・・・っていうと単なるマニア扱い(当時はまだオタクという言葉はあまり一般的ではなかった)でしたけどね。

 この本を読む分には数学知識は全く必要ないだろうし、むしろ余計な知識は無いほうが「数字って不思議」と楽しめるんじゃないですか?この数学にしか興味がない博士で頭に浮かんだ漫画が「天才柳沢教授の生活(Amazonへ)」ですが、何事も一途を極めると笑いが伴うんですね。

|

« トルコ語講座 その26 | トップページ | 送別会が多いぞ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】 博士の愛した数式:

« トルコ語講座 その26 | トップページ | 送別会が多いぞ »