« バーガーキングの日 | トップページ | トルコ語講座 その28 »

2007年6月10日 (日)

【乗馬】 96鞍目

96鞍目 ジャンティー
 どんどん輪乗りができなくなっていきますorz
 前回のシルのときは蹄跡から輪乗りに入るときがダメでしたが、今回は一周ごとに蹄跡上でイヤイヤされちゃいました。馬場の入り口が近いのでサボってるだけだと言われましたが、今までで一番ひどい輪乗りだったのは間違いない。途中から先生が入り口の前に立ってくれましたがそれでもダメ。輪にならないどころじゃなく頭と首は馬場の中央を向いたまま蹄跡上を次の隅角近くまで歩いてくれちゃいました。前はこんなにひどくなかったので、何か余計なことをしてるんだろうか?「内方脚で押して馬の体を曲げる、外方脚は少し引いて外に逃げられないように壁を作る」と言われるんですが、内方で押して外方を引くというのは駈歩の合図じゃないんだろうか?別々にやれば大丈夫なのかな?

 その駈歩の方は、どうしても速歩になってしまうのでそこから駈歩を出しました。出たのは良いんだけど速い速い。速歩に落とすのに1周半ほど走られてしまいました。こういうときは無理に駈歩にしないで一度常歩に落としてやり直せと後で言われた・・・。走られてる間、自分では「体を丸めるな~、脚でしがみつくな~」と意識していたつもりなんだけど体丸まってたそうです。
 大暴走(?)を見て不安になったのか、手前を変えてリリアの後をついて輪乗りで駈歩。リリアがペースを作ってくれたおかげでなんとかいいペースで続けられましたが「もっと体起こして腰いれて!」を連呼されまして、その姿勢を作るのが非常に辛かったです。


 思い出したので追記。駈歩の前に速歩になっちゃうのは抑え方が足りないせいなので、速歩になりそうな時に拳を握るだけで押さえられるくらいに手綱を張っておくこと。手綱って思っているよりも強く引くもんなのかな?

|

« バーガーキングの日 | トップページ | トルコ語講座 その28 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/15389104

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】 96鞍目:

« バーガーキングの日 | トップページ | トルコ語講座 その28 »