« アイスクリーム第四弾 | トップページ | トプカプ宮殿の至宝展 »

2007年8月 7日 (火)

【本】小説こちら葛飾区亀有公園前派出所

 知る人ぞ知る「こち亀」の小説版です。漫画を原作にした小説はハズレが多いので読まないのですが、これは執筆陣が豪勢なのでちょっと買ってみました。売れっ子小説家が自分の小説の世界に「こち亀」メンバーを登場させるわけでオビには「夢の競演」なんて書いてありますね。問題は執筆陣の小説を何も読んだことがないということで・・・。両さんのほうはかなり読み込んでいると思うので問題ないはずですが。

 作者は大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾の7人。読んでみたら・・・うーん、いまいち?やっぱり世界観を半分しか知らないとつらいかも。一番それっぽかったのは大沢在昌と東野圭吾。大沢在昌のほうは似たような話があったような気がするけど、東野圭吾はお見事。頭の中に漫画のコマが再生できました。今野敏は無理に両さんを絡ませていないので違和感はないけど、ずるいような気もする。こち亀じゃなくてもいいじゃん。
 ワーストは京極夏彦。こち亀のネタを拾って混ぜているけど部長と寺井の口調がまったく別人。自分では読んだことなくてネタだけ他人に聞いて書いたんじゃないか?

 まあどっちのファンが読んでも不満が残るんじゃなかろうか。両方の熱心なファンの感想も聞いてみたいですね。

 

|

« アイスクリーム第四弾 | トップページ | トプカプ宮殿の至宝展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】小説こちら葛飾区亀有公園前派出所:

« アイスクリーム第四弾 | トップページ | トプカプ宮殿の至宝展 »