« マウス脱皮中? | トップページ | 風邪か花粉か? »

2008年3月17日 (月)

【本】フェルマーの最終定理

数学が専門じゃなくても名前くらいは聞いたことくらいはある「フェルマーの最終定理」の本ですが、 もちろん定理そのものを解説する本じゃありません。本屋でパラパラと見てみたら読みやすそうだったので買ってみましたが、 実際読みやすい本でした。数学的な知識は関係なく定理が証明されるまでの歴史を知ることができます。

「無限」に関する話がちょっとでてくるんですが、そこにでてきた「部屋が無限にあるホテル」 の話はどこかで聞いたことがあると思ったら大学のロシア語の授業で読まされたテキストがこれだよ! 「ロシアには数学者が多いので数学やってるひとは意外にロシア語人口が多い」って先生が言ってましたが、 それにしても数学もロシア語も専門じゃない学部の学生に読ませるテキストとしてはあんまりじゃないかと思うんですが。この本を読んで「ああ、 そういうことだったんですか」と四半世紀ぶりにわかったような。

それにしても無限に関することを証明できるというのはどうにも不思議な話ですが、 この本を読んでいるとなんとなくわかったようになるから恐ろしい。作者の力量ってやつですね。

                         

|

« マウス脱皮中? | トップページ | 風邪か花粉か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】フェルマーの最終定理:

« マウス脱皮中? | トップページ | 風邪か花粉か? »