« 古文書のような | トップページ | ロゼッタワールド届いたよー »

2008年6月26日 (木)

突然ディスクの残り容量が無くなった

 画面に右下に「Cドライブの残り容量が少ないからなんとかしろ」という警告メッセージが出現。 んなわけないだろうとドライブのプロパティを見たら円グラフは真っ青で残り100KBくらいだった。 Cには60GBくらい割り当ててあってそんなに使っているわけないんだけど、 念のためにフリーソフトで使用状況を見てみてもやっぱりファイルを合計しても20GBくらい。

 実は2日前のPC起動時に自動でディスクチェックが始まり、Windowsが立ち上がってからイベントログを見たら 「ディスクのファイル システム構造は壊れていて使えません。 chkdsk ユーティリティをボリューム C: で実行してください。」 という恐ろしいメッセージが残っていた。chkdskのあとは普通に動いていたので油断していたけれど、 まだ管理情報が壊れていたか具合が悪いところを使わないようにしていって残りが無くなったかだろうなあ。 もう一度chkdskして再起動したら残り容量37GBになりました。

 さて、これはディスクが壊れる兆候か?完全に壊れる前に交換しちゃった方がいいのかな? 今ならディスクを買ってきてコピーするだけで済むけど、壊れちゃうと再インストールがめんどうだし。

|

« 古文書のような | トップページ | ロゼッタワールド届いたよー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/41657598

この記事へのトラックバック一覧です: 突然ディスクの残り容量が無くなった:

« 古文書のような | トップページ | ロゼッタワールド届いたよー »