« 公開講座に行ってきた | トップページ | Windows2000 SP4のsysprep »

2008年8月 3日 (日)

PC不調の犯人はビデオカードだった

 突然ディスクの残り容量が無くなったり起動時に止まることが多くなって先月ディスクを交換したメインのPCですが、 その後もディスクエラーは無くなりましたが起動失敗が続いていました。 どうも止まる場所が一定ではなくてBIOS表示で止まることもあったのでこれは原因が別にありそう。 電源とかコンデンサが悪くなって同じような症状になったPCを何台も見たことあるのでちょっと中をのぞいてみました。

 目視では悪そうな所ないなあと内部を見ていて目に付いたのは増設したビデオカード。2月にディスプレイを交換した後でやっぱりオンボードの865Gだと表示がとろいような気がしたので古いnvidiaのカードを入れて使っていたんですよ。 そういえばその前は絶好調だったなあと思いカードを抜いてみたところ起動失敗はピタっと無くなりました。犯人は君だったのか。

|

« 公開講座に行ってきた | トップページ | Windows2000 SP4のsysprep »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/42065875

この記事へのトラックバック一覧です: PC不調の犯人はビデオカードだった:

« 公開講座に行ってきた | トップページ | Windows2000 SP4のsysprep »