« ゆるりトルコ展 | トップページ | パスポート新旧 »

2009年4月10日 (金)

イシュタル

 初っ端に主人公のキスシーンがあるけど、あれがなかったらそれほど抵抗なくヒッタイトに落ち着いたのかな?と思いながら読んでます。 というのはまあおいといて。

 なんだか「イシュタル」という名前に聞き覚えがあるようなないような気がしていたんだけど、やっと思い出しました。高橋克彦の 「竜の柩」だ!(Amazonへ)やっぱり時空を駆け巡る小説であちらはヒッタイトじゃなくてシュメールでしたが、 そこにイシュタルがでてきます。あの辺の地域に昔から伝わる神様なんですね。そういえばシュメールもくさび文字だったっけ? たびぃ。さん、ヒッタイト語とシュメール語の比較言語学などいかがでしょう ^^)

|

« ゆるりトルコ展 | トップページ | パスポート新旧 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そこはやっぱり、少女マンガですからね(笑)

当時は、トルコだということは気にせずに、何となく読んでいたのですが、トルコに行った後に引っ張り出して、読み返しちゃいました。

いつかまた行きたいなぁ。
などと言いつつ、今月はハワイ。
トルコはしばらく行けなさそうです(^-^;)

投稿: リエネコ | 2009年4月13日 (月) 15:51

これって少女コミック連載にしては色っぽいシーンが多いんですが、最近はそんなもんなんでしょうか?

現代のトルコとは地名が違ってるので色々気づかないことも多いです。絵をみて「ああ、ここパムッカレか」とか。

ハワイは馬に乗ってくるんですよね?レポート楽しみにしてますよー。

投稿: おねむ | 2009年4月15日 (水) 00:18

イシュタルは、本来ヒッタイトの女神ではなく、バビロニアの愛と戦の女神だそうです。

なので、シュメールで出てくるのはヘンじゃないかも。

又聞きですが、「天は、、、」が連載された少女コミックは、ハイティーン~大人向け、らしいですよ。
いや~アレを小学生には見せられませんでしょ。。。

投稿: たびぃ。 | 2009年4月16日 (木) 05:08

ウィキペディアみたら「小学校高学年~高校生」と書いてありました・・・大丈夫か?もっとも最近は小学生向けの雑誌も結構大変なことになってるらしいですが。

投稿: おねむ | 2009年4月16日 (木) 16:29

らしいですね。 あたしにはとても、キャンディキャンディと丘の上の王子さまのベッドシーンなんて想像できにゃい(^^;)

投稿: たびぃ。 | 2009年4月16日 (木) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イシュタル:

« ゆるりトルコ展 | トップページ | パスポート新旧 »