« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

マイクロソフト管弦楽団 今年は合唱

 去年は 「白鳥の湖+阿波踊り」というわけわからん企画だったマイクロソフト管弦楽団のファミリーコンサート、 今年も行ってきました。今年はバレエじゃなくて合唱団でしたが、 去年の友達が今年もソプラノで参加するので去年の反省をふまえて花束持参です。

 ベートーベンの第九、合唱のところ以外って初めて聞いたなあ。全然聞いたことなかったです。大変長いので眠かったです・・・。 後ろで立っている合唱団もさぞ大変だったと思いますが「寝るんじゃないぞ!」という命令がでていたそうで。

 あ、あいかわらず客席の子供たちは元気一杯でした ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

DVDのメディアは意外にタフだった

 使っているアプリケーションが何かの拍子に「インストール用CD(DVD)入れろ」と言ってくることがありますよね。 言われてメディアを探し出して手に持ったら何か違和感が。ほぼ直径に沿ってヒビが入ってます! あやややや、と焦ってよく見るとヒビが入っているのはラベル面のようで、記録面のほうを見ると問題なさそうです。 CDとかDVDってよく見ると2枚の薄い板を貼り合わせてあるので、それの片方だけ割れてしまったわけです。

 これならなんとかなるか?と読ませてみたらセーフ!何はともあれメディアを丸ごとコピーしました。ああ心臓に悪いぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

アジア語楽紀行トルコ再放送 

 2006年に放送された「アジア語楽紀行」 が再放送されます。トルコ語は6月2日(火曜)からですが、 放送時間が深夜0:55からなので月曜の夜ということになるので気をつけましょう。

NHK教育テレビ
放送:火・水・木曜日 午前0:55~1:00(月・火・水曜深夜)
再放送:金・土・日曜日 午前6:25~6:30

 ついでに同じNHK教育ですが「カラフル!~世界の子どもたち~」という番組があります。 これも何度か放送されていますがトルコの子供が登場する「ぼくの自転車がほしい」が5/29 (金) 9:45 ~ 10:00と6/3 (水) 9:30 ~ 9:45 (15分) に放送されます。 4月くらいにいちど見ましたけどトルコの子供がんばってます。しっかり者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

海外ローミング失敗?

 SBMのN82ですが、なぜか今回はシンガポールで使えませんでした。電源入れてSIMのPIN入力まではOKなのに、そのあと 「SIMが認識できない(正しくないだったかな?)」とかいう表示がでて操作不可に。 解約したら使えなくするための仕組みだろうけど先月は使えたのに。 日本に戻ったら普通に使えているのでSIMの問題じゃないと思うんですけど謎です。

 あ、E61にSIM挿してみて試してみればよかった!不覚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

超ダイジェスト版シンガポール旅行

 

P1040485 変わった作りのホテルに泊まったり
P1040476 ナイトサファリに行ったり
P1040493 朝食においしいお粥を食べたり
P1040501 嫁をガッカリさせたり
P1040506 ホテルでのんびりお茶を飲んだり
P1040507 日本文化の海外進出に感動したりしてきました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

週末海外

 仕事を休まず土日だけで行ってくる海外旅行、夫婦で実践してきました。 正確には土曜日出発で月曜朝帰国なので月曜日にかかりますけど早朝着なので仕事にも行けます(実際に嫁は午後から打ち合わせに行っていた)。

P1040498  行き先はこちらシンガポールです。「まて、 先月トルコの行き帰りに寄ってきたばかりだろ!?」と言われればそのとおりですが、 飛行機代と距離と時刻表を秤にかけて検討すると一番手頃だったもんで。同じ考えの人が多いようで、帰りの機内では「あ、 あの人たち行きの機内でも見た」という人が結構いました。CAさんも同じクルーで「またご一緒させていただきます」 と言われましたが、往復同じ席に座っていたとはいえちゃんと顔覚えてるもんなんですねえ。

 次は両親でも連れて行こうかと思ったけど同じ日程で年寄りを同伴したらさすがに倒れちゃいそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

ウィルス大流行

 コンピュータとインターネットの世界でもウィルスが流行中のようです。

JPCERT/CCの警告=> http://www.jpcert.or.jp/at/2009/at090010.txt

直接の取引はないけど何度かお邪魔したことのある会社もやられたようで、 そこのホームページに怪しいJavaScriptコードを埋め込まれてしまったようです。ホスティング屋さんから 「海外からFTPアクセスを受けたログがあり」という連絡があったので間違いないですね・・・。

個人や業務でホームページの管理をしている人は今すぐAcrobat/Acrobat Readerのバージョンを確認して最新版にしておきましょう!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

トルコ語キーボード

P1040457  先日の旅行で買って持ち帰ったトルコ語キーボードです。が、動かない・・・ orz

 結構ギリギリというか無理矢理カバンに押し込んできたので空港で投げられた(?)ときにでも壊れたのかなあ。 17.5リラもしたのに!やっぱり箱に入れたままハンドキャリーで持ち帰るべきだったか?

 あとでバラしてみるつもりですが、とりあえず眺めて楽しむことにしましょう(涙)。 配列を見るとかなり苦労して詰め込んでいるのがわかります。トルコ語のアルファベットは29文字ですが、Q、W、Xがありません。 トルコ語では使わなくてもコンピュータ的には無いと困るのでそれも端っこのほうに詰め込んでありますね。

キーボードとは関係ないおまけ:トルコ語で文法に関する質問をするときの表現。 何かの役にたつかもしれないので書いておこう(大学書林「トルコ語会話の知識」より抜粋)

~ kelimesinin manası ne ?
~ ne demek ? (講座ではこちらの表現を習ったな)
~という単語の意味はなんですか?

Turkçe'de "~" nasıl denir ?
トルコ語で~はどう言うのか?(~は相手が理解できる外国語の文章)

~ kelimesi nasıl telaffuz edilir ?
~という単語はどう発音するのか?

~ kelimesi nasıl yazılır ?
~という単語はどう書くのか?

İstanbul'da ifadesinin "da" eki ne belirtiyor ?
İstanbul'da という表現の接辞"da"は何を表しているのか?

"Murat seyahatten evine döndü" cümlesinde özne nedir ?
"Murat seyahatten evine döndü" という文の主語は何ですか?

Aynı cümlede "evine"nin tamlayanı hangisidir ?
同じ文で "evine"の修飾語はどれですか?

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

【乗馬】170鞍目 1時間半!

170鞍目 ジャンティー

 「雨かなあ」と思ってクラブに行ったら降っていませんでした。ラッキー。 さすがに午後からはダメだろうからさっさと乗ってしまいましょう。

 今日も右手前からスタートなので昨日の後半を思い出しつつやればいけるだろうと思ったんだけどねえ。 ジャンの顔は無理矢理内側向けることができても首が外向いてます。これを少なくとも首をまっすぐにすべく特訓開始。 最初は輪乗りが小さくなってもいいので外を少し譲って内を思い切り引きます(このとき外を譲らないと後ろに下がり始めた)。引き方は 「ジワー」と時間をかけてはダメで短時間で「ギュ」っと引く。「ガン!」と引いちゃいけません。引くときには脚を忘れずに使って、 さらに引きっぱなしだと絶対に外に逃げられるので素早く外内ともに戻す。逃げられてしまったら一度まっすぐに戻してやり直します。 というのをやりながら「首の付け根から顔を内側に向けて!」と言われたので輪の中心を見るくらいに顔を向けたら「人じゃなくて馬の顔!」。 もう思考力なくなってますな。

 人馬ともに(比率は9:1)疲れてきたので輪乗りで駈歩。マシなはずの左手前で必ず蹄跡で逃げられます。逃げられる場所の1/ 4手前で体を起こして体勢を整え、外を握って外方に壁を作ってから内を握る、といけるはずなんだけどなあ。 何周やってもダメで逃げる方向に先生が立ってくれたけどダメ、 それなのにちょっと先生が馬場からいなくなったら輪は大きくなったけどできたのが不思議。

 その後は速歩で、これは昨日のように割と良かった。右手前で勢いもあったし顔も向けてくれたし動きも素直。 駈歩まで色々やってジャンの首が柔らかくなったのが大きいそうです。しかし妙に良い速歩だったらしく先生が「これは珍しい」 とばかりにあれこれやったおかげで座骨が痛い痛い。終わってみれP1040452 ばなんと1時間半のレッスン新記録でありました。

レッスンの後で装蹄してもらってるジャン。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

【乗馬】169鞍目 鐙上げ

169鞍目 ジャンティー

 明日は雨で乗れないかもしれないので久しぶりに1日2鞍。馬装でおたおたしていたら奥さんに「遅い!」と怒られた ^^; だって色々と装備変更があったんだもん(と言い訳してみる)。午前中の動きが悪かったせいか先生が少し下乗りしてくれましたが、 私と乗り変わったときジャンは「ああ、終わった終わった」と思ったんでは・・・。

 いきなり右輪乗りの集中レッスンです。言われていることは理解できるんだけど実践できないのが困りものです。 脚での推進ができないので「外抑えて、内ひいて、譲って」とやっているとどんどん遅くなっていきます。 動いてくれないと何もできないので推進はムチの力を借りますが、ムチを使っていると外にでてくれました。 これはムチが内方脚の代わりになっているそうです。それでも一緒に輪乗りをしているドリームの1歩か2歩内側なんですけどね。 手綱を使っても変化が無いときは使い方を変えてみなくてはいけません。効かないままで同じことをしていても絶対に改善されないそうなので。 というわけで内方手綱を引くときは少し上に引くようにとのこと。

 その後はドリームの集中レッスンになったようなので鐙上げの自主練をしてました。 鐙がないとイヤでも真ん中に座ろうとするので輪乗りが楽です。内方脚による押し出しもうまくいくし内方手綱も良く効きます。 素直だなあと思っていましたが後で聞いたところによると、この時ジャンは(シブシブ?)ハミを受けた状態だったそうです。「力いれすぎ、 ヒジ固すぎ」と先生に笑われましたけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【乗馬】168鞍目 馬場に入るまでは素直なんだけど

168鞍目 ジャンティー

 いつもと変わらぬジャン。今日もドリームと一緒。 今日は静かに乗ってみようと思ったんだけどやっぱり動かないのでムチでちょんちょん。いつもと同じだ・・・。 では脚の使い方を意識してみましょう。知らないうちに拍車を刺さないようにつま先を前に向けて、 股からふくらはぎあたりまで全体で押すようにしてみました。が、なんかヒザが邪魔になってうまくいかないぞ? ヒザで鞍を挟むようになってしまいました。おまけに脚に意識がいってしまってあれこれやっていると体が前に倒れてきちゃうし、 これは再度検討です。

 輪乗りになるとあれこれやってる余裕は無くなるので、当面は「体をまっすぐにしておく(つもり)」「拳を前に出さない(つもり)」 「拳を上げない(つもり)」を意識してみたけど全部注意されました ^^;

 先日、私の倍くらいの鞍数の会員さん(女性)がふつーにジャンに乗っていました。輪乗りもきれいにできているし、 やっぱり力は関係ないんですよねえ(むしろ邪魔?)。先生に「ジャンって女の子に甘くない?えこひいきしてないですか?」 と聞いてみたところ「手綱、手、ヒジの柔らかさの違い」ということでした。

P1040411  その後でビジターさんの海外乗のお手伝いに。 天気があまりよくなかったせいか人がほとんどいなくて弓ヶ浜の端から端まで使えてお客さんは大満足でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

Story of ... カルティエ クリエイション

 夕方ちゃっちゃと仕事を終わらせて上野へ。 奥さんが阿修羅を見に行くというので私は隣でやっているカルチェの輝く世界を見てきました。キラキラするもの好き。阿修羅の方は 「入場50分待ちだ~」という悲痛なメールがきましたがこちらは空いています。

 当日券1400円だけど展示点数がとにかく多いので安く感じちゃいました。一通り眺めるだけでも1時間、 所々で流している映像を見て気になる展示品をじーっと見て歩いていると軽く2時間はかかりますよ。 ロンドン塔なんかでも巨大宝石を見ましたけど、これはまたそれとは違う世界ですねえ。  ミステリークロックという透明に見えるまか不思議な時計がいくつかってちょっと欲しかったです。アクアマリン好きなんだけど、 これをいっぱい使った奴も良かったなあ。とぼけた感じの鳥は凄く欲しかった。相変わらず西欧人の爬虫類趣味は理解できませんでした。 グレース・ケリーは反則だろー。

 最後に売店があったのでいくつか気に入ったものを買ってきました。絵はがきですけど(実物はもう値段つけられないんだろうな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

ハレム

20090512077  講座のあとに隣のハレムで仲間と軽くお食事とトルコ土産の引き渡し。 相変わらずトルコ料理とは思えない(?)おしゃれな盛りつけ、おしゃれな店員さんです。これはボドルムケバブ、って初めて聞いた。 皿の白い格子模様はソースですよ。

 色々と話し込んでいたらお店が暗くなって火曜日だけどベリーダンスが始まりました(火曜と木曜日がショーの日みたい)。 前回きたときはサーベル持った外人さんでしたが今回は日本人です。すいません、勉強不足なので流派わかりません。どこ見るとわかるんですか? >ダンサーの方たち。

 わりと長時間(4曲?)でお客さんも(5組くらい?)それほど多くなかったため、 それぞれの席の横で踊ってくれる時間も結構あって通路側に座っていた私はちょっとお得な気分になれたような気がしないでもないかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トルコ語講座 上級の2回目

先月は落ちこぼれ危機感を覚えた講座の2回目です。今日はトルコ人の先生ですが時間になっても現れません ^^; 結局30分遅刻で登場して挨拶のあとが「遅くなりました、は Çok geç kaldim です」と授業開始です。 「相手がすごく怒っているときは何も言いません」と、なかなかユーモアのある先生みたいですよ。

恒例の自己紹介(トルコ語バージョン)は、 ふつうにトルコ語話してる生徒さんもいるなかで頭が真っ白になって考えておいた単語もでてこないテイタラクで困ったものです。 場数が足りませんね。そのあとは先月配られていた「坊ちゃん」のテキストを普通にお勉強。ときどき微妙なハナシがでるんですよ。 「ここはおそらく英語版を元に翻訳しているのでこういう表現になっている」とか「大過去形(って習ったっけ? miş+di過去らしい)はその後に何かが起こる前触れです」とか。

今回も知恵熱がでそうな90分(もちろん終了時刻は30分延長)でありましたが、次回までの宿題は 「温泉に入るときの注意事項をトルコ語で」です。参考資料はくれて「これを読めばヒントが書かれているから」ってことなんですが分量が・・・ 。でも楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

GPS付きの海外用携帯が欲しいなあ

海外用というのは現地のSIMが使えるって意味で。

確定した先月の携帯利用額の中に「通信料 世界対応ケータイ(パケット(アクセス)) 668円」というのがあるわけですよ。 これはおそらくイスタンブールで道がわからなくなったときにGPS+GoogleMapで場所を確認したときのものだろうなあ。 現地のSIMを挿せるe61にはGPSがついていないのでN82を使ったためですが、 GPSって色々と楽しいし便利なので海外でこそ活用したいものです。

ああ、そのうちどこか行ったときにNOKIAを買って帰りそうな予感が。 今回のトルコ旅行でエディルネからイスタンブールに帰るバスでログをとったのが下記の地図(N82使用)。 走った道路の車線がわかりそうな精度です。


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

トルコ旅行の記録をアップロードしました

去年の分を書いてないのに・・・。時間が経つとボケて去年の分と記憶が混乱すると思われるので特急仕上げでアップロードしました。

おねむ in イスタンブール4日間(2009年)

あまり「観光」していないので、どっちかというと「トルコお散歩日記」のような感じになっちゃいましたけどね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

馬事公苑ホースショー

早朝伊豆から帰ってきた日の昼から馬事公苑のホースショーを見に行ってきました。我ながら元気だな。 色々な競技をやっている合間に馬のショーをやってますが出し物はいつもの「馬と親しむ日」とあまり変わりません。が、 ホームページを見たら久しぶりの「警視庁騎馬隊」の登場です。

ときどき雨がぱらつきますが騎馬隊の出番にはほとんど止んでくれました。演技中に傘を開かれたらコワイですからねえ。 最後に見たときよりも人馬が増えたようで、なんと男女4人ずつの計8人(8頭)もいますよ。 しかも男女で馬の色を分けているので見栄えがします。演技内容も前よりレベルアップしてるようですよ。数年前に小淵沢で見たような 「20頭による演技」に比べれば迫力は落ちますが、なかなか見応えがありました。妙に元気な馬もいましたしね。

P1040360 出番前の準備運動中。
P1040365 手前の馬のVが気になる。
この人だけ拍車つけてなかったし。
P1040375 やっぱり数が多いといいですね。
P1040398 人馬ともにおめかし。
下田の馬とは違うなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

【乗馬】167鞍目 拍車傷つくっちゃった、ごめん

167鞍目 ジャンティー

馬房にジャンを迎えにいくと隅っこを向いてじーっとしてます。呼んでも反応無しで、これは(いつにもまして)やる気無いとみた。 もしかすると「あれ?このごろ俺毎日働き過ぎなんじゃない?」と気づかれたのかも。でもオマエはせいぜい一日に一鞍か二鞍じゃないか? ロイやシルを見習いなさい。

さて今日の部班相手はドリーム。この組み合わせは初めてだけど「別々に動かすので部班だとは思わないように」と言われました。 ということはジャンを一人で動かせということですね。蹄跡を歩いて軽速歩に・・・ならない。先生から「そろそろ速歩~」と言われて「いや、 一周前から速歩にしようと思ってるんですけどぉ」って、どうもダメなのでムチをちょんちょん。 動き出したあとも脚と時々ムチで勢いを維持(脚だけでなんとかしたい・・・)していたらいつもより元気になり「いい感じじゃないですか」 と言われましたが、レッスンのあと左の拍車があたるところが四角くハゲちゃってました>< 冬毛が抜けまくる時期ってのもあるんだけど、 ジャンごめんよ。

さてドリーム(+嫁)が輪乗りの駈歩をやってるあいだ蹄跡を速歩でグルグル。 お尻が痛くなってきたので反対側で鐙上げ輪乗りの自主練やってました。このほうが輪乗りをやりやすいのは、 やっぱりイヤでも真ん中(付近)に座るからでしょうね。「鐙でバランスをとっちゃいけない」と言われてましたからねえ。 それでも輪が小さくなってきた所に先生がやってきて「内方脚でぐっと押す」というのをやったらジャンが外に「とっとっと」と出ました。 「それを外方脚で抑えればOK」ということですが鐙上げ状態だからできた技のような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

【乗馬】166鞍目 輪乗りをなんとかしたい

166鞍目 ジャンティー

常歩はまっすぐ歩くけど遅い。トロイアに置いて行かれてるぞ~。 珍しく素直に軽速歩になったと思ったら隅角ごとに止まられてションボリ(涙)。 昨日よりもだいぶ勢いがなくて輪乗りもどんどん小さくなっていくし。「馬はとにかく前に出さないと何もできませんから」 と言われてがんばるんだけど脚だけじゃだめでした。あせって内方脚で押そうとすると体が外に落ちていくしねえ。

駈歩は前を行くトロイアが止まると一緒に止まっちゃいます。 なんとかして抜かそうとするんだけどトロの後ろにくっつくように止まるところがずる賢い。1/4周くらい離れておいて、 すごく手前から内側に誘導したうえでムチをちょんちょんと当ててようやく追い抜き成功。 一度抜いてしまうとあとはそれほど苦労しないんですが、ちょっとペースを抑えられずに上がり気味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

【乗馬】165鞍目 割と良かったような気がする

165鞍目 ジャンティー

今日は折り返し手綱ではなく(新品の)ティーディマンです。先生がジャンに「いいか、壊すなよ」と言い聞かせてました。 馬装で違うウマのムナガイつけてしまって時間をロス、馬場を一周して輪乗りをしていたシルの後ろへ。「肩・ヒジ・拳を下」 の三点セットは相変わらずだけど、このごろ手綱の張りはあまり注意されていないです。 少しはマシになったのか他に比べると些細なことなので注意がまわらないのか?

隅角を曲がる時に外方の手を前に出してしまうのはダメだけど拳を少~しゆるめるのはいいらしいです。 ただしすぐ握り直さなくちゃいかんのですが、だいたいそういう微妙な操作を要求されると頭も力もその部分に集中してしまって「腕が固い!」 って言われちゃうんですよ。

駈歩の時に足が後ろに行きすぎているらしいので「膝は後ろにひいて足は前に」「脚はももの内側からふくらはぎまで全体で使う」こと。 なおかつ「ウマのリズムを崩さないようにリズムで乗る」と言われたんですがさっぱりわかりません。いや、 ウマが機嫌良く走るときと何か人間がバランスを崩して止まりかけるときの違いはわかるんだけど、そういうことですか?

今日のジャンは機嫌良く蹄跡を走ってくれて輪乗りも素直に回ってくれました。隅角曲がったあたりから輪の1/ 4あたりをにらんでいたのがよかったらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

帰国しました

話題の成田に朝到着、チェックは問診票だけでした。

いやあ、さすがにシンガポール経由の機中2泊で歳を実感ですよ。とりあえず一眠りしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »