« ANA SFC到着 | トップページ | 【乗馬】178鞍目 特訓の成果やいかに? »

2009年8月 9日 (日)

【乗馬】177鞍目 輪乗り(だけではない)の特訓

177鞍目 ジャンティー

 暑いので人も馬もぼけてます。洗い場では馬たちが寝ぼけてカックンとなり私は胸ガイを上下逆につけるし。 馬場に出てしゃんとしましょう。

 ふつうに蹄跡、輪乗りとやって蹄跡に戻ったところで「ダンナさん、こっち来て~、他の人は蹄跡で速歩」 と言われドキドキしながら先生の方へ。ジャンはすでに警戒して先生を避けようとしてますよ。ええっと、 輪乗りで内側に入られて外に出せないことが多いのでその対策を特訓するようです。外に逃がす?馬体のコントロール?馬をよれさせない練習? 結果として輪乗りがきれいにまとまる、はず。

 基本は馬の口(ハミ)を中心軸として馬体を外に内に押すだけ、なんだけど大前提として推進が必要になります。 なので手綱でコントロールしようとして夢中になって脚の推進を忘れてはいけないわけで、一歩ごとの「脚、脚、脚」 は寝ていてもやれるようにならんといけません。外や内へ押す脚も同じタイミングで使わないと効果がないそうなので、 馬が歩くリズムを無視して腹をポンポン蹴ってもダメってことですか。

 具体的には「ちょっとだけ内側を握ってちょっとだけ鼻面を内側に向け(ちょっとだけ、がポイント)内方脚で馬体を外に押し出す。 内側に傾いたり倒さないように外の手綱で抑えて(起こして)やる。 内方手綱が強いと外に逃げられるので内方をちょっと譲って外の手綱と脚で抑える。すごく逃げられちゃったら、 逆にハミの外側を軸にして外から内に押してやる」。読むとややこしそうでしょ?やるともっと忙しくて大変なんだ、これが。 馬のうごきに即反応して制御しなくてはいけないので「え~っと、こっち向いててあっちに出したいんだから」 なんて考えていては絶対に間に合いません。なので先生が「内方手綱、内方脚、逃げられてる、外方抑えて、外方脚で押して」 と指示をだしてくれるんですが、忙しさのあまり先生が左右を間違うくらい大変なんですよ。

 結果は常歩では(たぶん)推進不足によりグダグダな結果に。そのあといったん蹄跡で速歩で直進・ 隅角を絶対によれさせない練習をしたあとに速歩で輪乗りをやったときの最後の方だけはコントロールできてた、らしいです。 確かにいつもより中へ外へが楽だった。

|

« ANA SFC到着 | トップページ | 【乗馬】178鞍目 特訓の成果やいかに? »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/45882627

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】177鞍目 輪乗り(だけではない)の特訓:

« ANA SFC到着 | トップページ | 【乗馬】178鞍目 特訓の成果やいかに? »