« 気仙沼へ日帰り | トップページ | イギリスamazon再び »

2009年8月18日 (火)

ハヤカワ文庫のバカヤロ

 こないだ買ったハヤカワ文庫を2冊、一緒に買った本と並べたときに「なんか背が高いな」と思ったんですけどね。 まさか5ミリ以上も大きくなっていたとは。調べたら4月の新刊からトールサイズというのに変わっていたらしい( 「ぺ」「ぐ」が除外されているのがちょっと笑える)。

 バカヤロー、だれが「大きな活字、大きなサイズで、読みやすい!」なんて決めたんだ!ページが増えて厚くなった方がまだマシだい。 だいたいハヤカワの読者層なんて本棚がビシっと青い四角になっているのをながめてシアワセに浸る御仁が多いだろうに、 シリーズものが途中から高さが変わるなんて考えただけで恐ろしい。

 愛用のブックカバーには入らなくなっちゃったしトールサイズ用のブックカバーをプレゼントすればいいってもんじゃなかろう。 元のサイズに戻るまではもうハヤカワ文庫は買いません。

2009/08/26 参考写真追加

20090826113

|

« 気仙沼へ日帰り | トップページ | イギリスamazon再び »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あらら〜
それは思わぬサプライズーー;
本のサイズってけっこう重要ですよね
私の場合、ハードカバーは重いし大きいから買いません!文庫版になるまでひたすら待ちます
同様に新書版も買いませんね〜

ぜひともハヤカワ文庫さんには「サイズ戻せ」と要望しましょう!

投稿: Sally | 2009年8月19日 (水) 16:38

どうでもいい人にとってはどうでもいい話なんですよね。5ミリごとき何をそんなに騒ぐのかと。

文字を大きくしたいなら中途半端なことはしないで新書とか単行本サイズにすればいいのに。文庫の値段も高くなっているのであまり変わらないんだし。

それより好きなフォントサイズにできる電子書籍にしてくれるのが一番いいんですけどね。

投稿: おねむ | 2009年8月19日 (水) 22:18

お久しぶりです!

なんだろう?と思って読んだら、
ごめんなさい、ウケちゃいました。

でも!気持ちはわかりますよ!
私もハヤカワ文庫が本棚にびっしりあったら、
そう思う可能性はありです(^^)

投稿: ラテモ | 2009年8月25日 (火) 06:07

こんにちは!
ラテモさんのブログにおいしそうなお菓子がありましたね。

参考写真をつけてみました。
シリーズものでこれをやられたら悲しいです。
まさか買い直させようなんて考えてるんじゃなかろうな

投稿: おねむ | 2009年8月26日 (水) 02:22

参考写真で、また笑いました(^o^)

そして、おねむさんに同意です!
そのちょっとの差がイヤなのはわかります。
シリーズものは、ヒドイですね(>_<)

投稿: ラテモ | 2009年8月27日 (木) 21:47

「イスタンブールの。。。」ナニ? 
反射で読めません。。。(ラテモさん読めるの?!)

同じのが2冊あるっていうことは、、、(*^ω^*)ノ彡

投稿: たびぃ。 | 2009年8月28日 (金) 16:26

イスタンブールに反応しましたか
ピンボケなのでわかりにくいですが違う本ですよ。
「イスタンブールの群狼」
「イスタンブールの毒蛇」
19世紀半ばが舞台のミステリーです。

投稿: おねむ | 2009年8月28日 (金) 18:56

ラテモさん、わかってもらえますか!
ということはラテモさんもそういう人ってことかあ

投稿: おねむ | 2009年8月28日 (金) 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハヤカワ文庫のバカヤロ:

« 気仙沼へ日帰り | トップページ | イギリスamazon再び »