« 【乗馬】181鞍目 久しぶりにお尻が痛い | トップページ | 【乗馬】183鞍目 簡易ジムカーナ-の練習 »

2009年9月22日 (火)

【乗馬】182鞍目 勢い ≠ 速度

182鞍目 ジャンティー

 ジャンを馬場に出して折り返しをつないだり腹帯を締めたりして「さあ乗るか」と準備するとスタスタっと歩きだされることが多いです。 「なんでこんな時だけやる気みせるの?」と疑問に思っていたんですが、指導員見習い(?)のFさん曰く 「少しでも抵抗して乗られまいとしてるんじゃないですか?」そんな気がしてきた・・・。

 さて、今日は常歩ではあまりヨロヨロされなかったけど軽速歩にしたとたんにふらつかれます。もはや儀式の域になりつつあるような。 以前は隅角で直進したり外に逃げたりすることが多かったですが最近は直線でもやられます。やられたら即脚で押してやるんですが、 そうするとすかさず止まろうとするしなあ。そもそも推進不足なんでしょうね、これは。

 昨日は効果的だった軽速歩の脚の使い方ですが、今日はいまいち。力が入りすぎてるかな?それでも普段よりは元気な感じですが 「速くなった速くなった」と単純に喜んでいると当然ながら「速すぎる!もっとコントロールして」と言われるわけで、わかってはいても 「馬の勢い=速さ」と思っちゃうんですよね。そういえばだいぶ前に「速さを抑えて上方向の勢いに換える」というような話を聞いたなあ。

 駈歩でも最初の抑えが足りずにダダダダーと走られてしまうことが多いのですが、こっちはどうも拍車が当たってるせいだな、たぶん。 どっちにしても抑えて速度をコントロールしなきゃいけないのは一緒です。

|

« 【乗馬】181鞍目 久しぶりにお尻が痛い | トップページ | 【乗馬】183鞍目 簡易ジムカーナ-の練習 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/46303050

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】182鞍目 勢い ≠ 速度:

« 【乗馬】181鞍目 久しぶりにお尻が痛い | トップページ | 【乗馬】183鞍目 簡易ジムカーナ-の練習 »