« サーバの寿命(続き) | トップページ | 【乗馬】199鞍目 右手前を拒否された »

2010年3月19日 (金)

サーバの寿命(復旧)

 業者さんががんばって出荷してくれたおかげで予定よりも早く届きました。作業場所を確保、 まずは届いた状態で電源投入して動作チェック。うん、起動プロセスは正常みたいなのでHDDをとりはずして交換、 ドキドキしながら起動させます。メモリチェックが終わってRAIDコントローラチェック、論理ドライブも正常に認識されたみたいだけど 「ドライブ2のハウジングがオーバーヒートを検出」とかでてるな・・・そのまま進んで、 Windowsの起動画面きたー(手を合わせてお祈りしてたらお客さんに笑われた)。

 ここまでくれば一安心、連休は休めそう・・・ネットワークが変?あ、LANケーブルの先がHUBに刺さってないや。 無事立ち上がりました。

 当面はこれでしのぐとして、あたらしいサーバのバックアップというか障害時の対策をどうするかだなあ。システムの監査でも 「バックアップはとってますね?」くらいしかチェックされないんだけど、どうやって復旧させるかまで段取らないといけないんですよねえ。 運用の専門家からすると「なにを今更」と言われそうだけど、こういうのは今回のような緊張感を味あわないとなかなかピンとこないです。

 という緊張の3日間は現場で時間をとられたため他の仕事は夜中に回され、 ひさしぶりの寝不足状態でブログの更新をしているヒマが無かったのでした。

|

« サーバの寿命(続き) | トップページ | 【乗馬】199鞍目 右手前を拒否された »

お仕事いろいろ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/47871156

この記事へのトラックバック一覧です: サーバの寿命(復旧):

« サーバの寿命(続き) | トップページ | 【乗馬】199鞍目 右手前を拒否された »