« マウス突然死? | トップページ | 【乗馬】209鞍目 ツーポイントが楽になった »

2010年7月17日 (土)

【乗馬】208鞍目 センタードライディング入門のサワリ

208鞍目 ジャンティ

先生がセンタードライディングの指導者講習に行って「インストラクター レベル1」になって戻ってきました。 当然のごとく今日はその実践(実験?)です。リラックスして常歩中心で行うため今日のような暑い日にはちょうどいいかも。

乗る前に関節をぐにゃぐにゃさせて深呼吸をしてリラックス。ヨガをやってる人なんかは入りやすいかな。 騎乗後も姿勢を正しくしようなどと考えずに自分の骨盤の動きや関節がどう動くかを意識します。最初のうちは呼吸にも気をつけて、 特に吐くときは馬に聞こえるくらい大きく吐きます。これはほんとに注意していないと何かをしようとして息を止めてしまうことが多く、 みんな何度も「息が止まってますよ」と言われましたね。

次に馬の動きにも意識を向けて、お尻の下の動きや馬のお腹(肋骨)の動きを感じますが、この辺からだいぶ怪しくなってきました。 肋骨がへこむタイミングで内方脚をたまにキュっと使ってやる・・・タイミングあってたのかなあ? これで人もリラックスできていると馬の首が下がって(伸びて)きて、後ろ肢をグイっと踏み込んでくれるようになります。なるらしい。 何度かそういう状態になった(と言われた)から。これが伸長常歩ってやつなのかな?

これって素直で真面目な馬じゃないと大変だよなあ。ほっといても蹄跡を常歩でフンフン行ってくれるシルみたいな奴ならいいけど、 「目をつむって馬の動きを感じて」というのをやってたらジャンは出口に向かってたし・・・。

「で、センタードライディングって何さ?」という人は本を読んでください。 割と有名な本なので乗馬クラブには置いてあるんじゃないかな?周りの人に聞けば誰か持ってると思いますよ。

日本センタードライディング協会
本家センタードライディング協会(英語)

 

 

|

« マウス突然死? | トップページ | 【乗馬】209鞍目 ツーポイントが楽になった »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/48902177

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】208鞍目 センタードライディング入門のサワリ:

« マウス突然死? | トップページ | 【乗馬】209鞍目 ツーポイントが楽になった »