« 無事帰国 | トップページ | 強風のち無風 »

2010年9月25日 (土)

【乗馬】212鞍目 ジャンらしい動き・・・

212鞍目 ジャンティー

乗り終わってから先生の奥様に「久しぶりにジャンぽい動きを見た」と笑われちゃったよぉ。その通りなので私も笑うしかないです。今日は私一人だけ、さらに先生は引き馬や次のビジターさんの準備で忙しかったのでほとんど自主練となりました。しかも相手は最近放牧しかしていないジャン。

常歩の途中からすでに動きが怪しく蹄跡から内側へ入ろうとしますね。これは私が警戒しすぎて緊張していたのが伝わったのかもしれません。練習後に先生に「乗り手が固くなっているとジャンも逆らおうと反抗してる」と言われましたから。そんなことは練習中はわからないので内側に入られたら無理に戻さないで巻乗りでごまかします。本当は内側に入られそうになったところで内方脚で戻さないといかんのですが、まだ外の手綱で戻そうとしちゃいますねえ。

軽速歩になっても最初は馬場の出入り口付近で止まられ、いつもの部班では前の馬について行っているだけだとうことがバレてしまいます。そのあとは比較的順調で、引き馬の邪魔にならないように反対側で輪乗りをしたり間隔調整のための巻乗りをしたり。このあたりはなぜか左右の手綱には素直に従ってくれました。もっとも輪乗りが一定の輪にならないんですけど。

このごろどうも駈歩が出せなくなってまして、出そうとあせって前傾になってるそうで。そうすると馬が動きにくいのでさらにでにくい、悪循環。そういうときは「姿勢を正しく」とかはとりあえず置いといて体を固くしないように、骨盤の姿勢(角度)だけは注意して息を大きく吐きながらリラックス。走り出したら前傾せずに脚は前に出さないように、どっしり座るイメージ。脚の位置は以前よりはだいぶ良くなってきたらしいです。

|

« 無事帰国 | トップページ | 強風のち無風 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/49592023

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】212鞍目 ジャンらしい動き・・・:

« 無事帰国 | トップページ | 強風のち無風 »