« 健康診断 | トップページ | 二度あることは三度・・・どころじゃなかった »

2010年11月14日 (日)

【乗馬】215鞍目 滑りまくりのジャン

215鞍目 ジャンティー

たぶんジャンは前回私が乗ってから働かずに放牧生活を満喫していたはず。動くんだろうか?先生は隣の小馬場で初心者レッスン中だし。という不安はおいといて、乗って腹帯を締めようとしたらいきなりの腰砕けでぐいーっと沈んだ。前にもやられたことがあるので「おいおい、こらこら」くらいの余裕はあったけど、ちょっとびっくり。さらに不安は増します。

常歩で蹄跡を歩いてみると意外にも元気だぞ。最初はいつもののんびりペースだけど軽く馬上体操してから脚をつかうと素直に元気になります。どうしたんだろう?「そろそろ軽速歩にしようかなあ」と思っていると気配を察知するようで挙動が怪しくなり、軽速歩開始でヨロヨロっとするのはもはやお約束。それほどゴネずに、進み始めてしまえばいつもより軽快な感じ。でも何もないところでズルっと滑るんですよね。つまづくのではなくて後肢が滑ってる感じかなあ?騎乗後に先生に聞いたら「バランスが悪いんだろうねえ」「・・・人間ですか?」「いや、馬の」だそうです。バランスが悪い馬ってどうなのさ、ジャン。

左手前の輪乗りまでは絶好調、右手前の輪乗りは・・・蹄跡から1/4周くらいのところでピョンという感じで外に逃げられます。それを何度か繰り返されて、輪乗りをすごく大きくしてから小さくしていったらなんとかなりましたが、なんだったんだろ。あとで先生には「うーん、拍車が刺さったとか」と言われましたが謎のまま。

例の「速歩・常歩繰り返し」も今日は素直なので何度かやってから駈歩に。このあたりから先生が来てくれたので走っていると「脚の力を抜いて~」の声がかかります。これも何度が言われて思ったんだけど足首に力がはいってるんだな?それで全体的に力がはいってるような気がします。それと最近「骨盤を倒せ」と言われるんですけどね、やってみるとお尻をすりむいていた頃の姿勢のような気がするんだけど・・・

|

« 健康診断 | トップページ | 二度あることは三度・・・どころじゃなかった »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/50041790

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】215鞍目 滑りまくりのジャン:

« 健康診断 | トップページ | 二度あることは三度・・・どころじゃなかった »