« SBMのホームアンテナ点検 | トップページ | ゆで太郎の創業祭 »

2010年11月 1日 (月)

親知らずを抜かれた

半年に一度くらい歯医者さんから「ちょっと来い」というハガキが届きます。今回も出頭(?)すると歯の磨き方が悪いと怒られ歯石をガシガシとられるんですが、さらに「親知らずがちょっと虫歯気味だし歯磨きの邪魔になるから抜いちゃいましょう」と言われました。全部抜いたと思っていたんだけど1本残っていたようです。

それにしても最近の麻酔は以前にくらべると痛くないですね。昔は歯茎になにか塗られた後で麻酔を注射され、これがジワっと痛くていやでしたが、今は最初に何かバシっとやられて(高圧で麻酔を注入する針がない注射器だそうです)そのあとで麻酔注射。このときはもう痛くないです。

あとは抜くだけ・・・メリメリいう感じはイヤですけどね。お昼前だったので「お昼食べても平気ですか?」と聞いたら「麻酔が残ってるからヤケドに気をつけて」と言われてなるほどと納得。痛みって大事なんですね。

|

« SBMのホームアンテナ点検 | トップページ | ゆで太郎の創業祭 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/49909860

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らずを抜かれた:

« SBMのホームアンテナ点検 | トップページ | ゆで太郎の創業祭 »