« Singapore Turf Club Riding Centre | トップページ | ひかり電話に切り替えた »

2010年11月 7日 (日)

シンガポールで光ポータブルを使ってみた

R0011650シンガポール旅行中に光ポータブル(PWR-100F)を使ってみました。と言っても何も難しいことはなく、空港のM1カウンターでPrepaid BroadbandというSIMを18S$(1000円ちょっと)で購入するだけです。買うときに「ラップトップで使うの?スマートフォンで使うの?」と聞かれてどう答えた物やら悩んだので現物を見せたところ「モデムね」ということでした。これはなんで聞かれたのかわからないですが「SIMアンロック?」と聞かれたので使える機材かどうかの確認でしょう。あとはパスポートを見せてお金を払い、最後に「APNはprepaidbbね」と言われておしまい。

あとはSIMを切り取ってPWR-100Fに挿し、設定画面のアクセスポイント欄にprepaidbbと入れるだけです。ユーザ名とパスワードは空白のまま。これだけでつながります。最初にブラウザでどこかにアクセスしようとすると3days(連続した3日間使い放題)コースか、9hrs(30日以内の合計9時間)コースかを選ぶ画面が表示されるので好きな方を選択します。私は当然3daysコース。

実は本格的な光ポータブル利用は始めてですが、結構熱を持ちますね。これは携帯でも通話時間が長くなると熱くなるのでしかたないでしょう。3GとWiFi両方だしね。朝の8時くらいから使い始めて電源は入れっぱなし、時々E61からメールやWEB、Google Mapを使うくらいだったけど夕方には電池残量が怪しくなってきました。公称値で通信6時間、待ち受け30時間なので妥当なところだとは思いますが、熱のこととかも考えると使わないときは電源を切った方が良さそうですね。

端末はNokiaのE61と時々N82を使っていましたがNokia標準のSIP通話機能で自宅のAsteriskに接続できて自宅の電話を内線で呼び出せました。ただし通話品質が状態でかなり異なっていて普通の電話とあまりかわらず使えることもありましたが一番ひどいときは片方向しか聞こえなかったりと実用まではあと一歩かな?

|

« Singapore Turf Club Riding Centre | トップページ | ひかり電話に切り替えた »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/49982587

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールで光ポータブルを使ってみた:

« Singapore Turf Club Riding Centre | トップページ | ひかり電話に切り替えた »