« 【乗馬】226鞍目 全身筋肉痛 | トップページ | 燃料サーチャージ大幅値上げ予定 »

2011年4月12日 (火)

自宅の無線LAN入れ替え

自宅で使っていた機器がちょっと古くなったのと再利用先が見つかったので全部入れ替えました。古いと言ってもさすがに11bとかは残っていなくて11gでしたが、部屋間をブリッジ接続するために使っていた奴がWEPしか使えないものだったことと、WiFiをスキャンすると近所のネットがずらーっと表示される状況を見て5GHz帯の11aに移りたかったのが大きな理由。

さて適当な製品があるかなと探してみると11aが使える家庭用製品ってほとんど無いんですね。ビジネス用を買って802.1xで認証とかもやってみたかったけどさすがに予算的に無理なので素直にBuffaloにしました。購入したのはAirStation WZR-HP-AG300H(無線ルータ)、WLI-TX4-AG300N(有線LANポートが4つ付きの子機)、WLAE-AG300N/V(有線ポート2個付きのAP・子機兼用)を各1個ずつです。買って設定しながら気がついたんですがルータ機能はどうせ使わないんだからWLAE-AG300N/Vを2つ買えば良かったんじゃん(涙)

箱からだして電源つないでAOSSで設定終了、となるかと一瞬思ってしまったのはバッファロー印を甘く見てました。WZR(ルータ)とWLI(子機)はAOSSであっさりつながったのですがWLAEがくせ者で、AOSSで自動設定すると2.4GHz帯で接続されてしまいます。「あれれ?」と試行錯誤していると双方のランプが点滅して「キーの交換に失敗しました」状態になってしまいます(こうなったらWLAEの初期化スイッチを押してやり直すのが簡単です)。さっぱりわからんのでメーカーのサポートページを探すと「WZR-HP-AG300H/EVのWLAE-AG300Nを802.11a(5GHz)で接続する方法」というのを発見しました。要するに「自動じゃできないのでAOSS無効にして有線LANから手動で設定しろ」ってことでした。ああ、そうですか。WZRのAOSSも無効にするので接続できていたWLI(子機)も手動でやり直しです。ここで付属ソフトを使う際の注意点として、WLAEは親機にもなるのでAirStation設定ツールの「親機検索」から設定しますが、WLIは「子機」なので設定するためには付属CDの「オプション」を開いて「子機設定ツール(正確な名前忘れた)」をインストールする必要があります。

まあ設定できてしまえば不都合もなく、WiFi検索しても近所に11aの気配は無いので干渉を心配することなく使えます。速度測ってみようかなあ。

 

|

« 【乗馬】226鞍目 全身筋肉痛 | トップページ | 燃料サーチャージ大幅値上げ予定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/51373065

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅の無線LAN入れ替え:

« 【乗馬】226鞍目 全身筋肉痛 | トップページ | 燃料サーチャージ大幅値上げ予定 »