« サーマルぽこぽこ | トップページ | トルコ映画 蜂蜜 »

2011年5月 5日 (木)

【乗馬】231鞍目 ゆっくり大きく

231鞍目 ドリーム

軽速歩をしていたら「外側の足を気持ち強めに踏むか、ちょっと引き気味で踏むように」と言われました。今まで言われたことがないのでレッスン後に理由を聞いたところ「理論を説明するのは難しいので、とりあえずそうして。ただし手前が合ってないと意味ないから」ということは馬が楽になるか動きやすくなるんでしょう。

輪乗りは常歩で輪を小さくしたり大きくしたりする練習をしました。脚を使うタイミングは馬のお腹がへこむとき。このとき後肢が踏み込まれるので、それを「おっとっと」と斜めに踏み込ませるようにして少しずつ外に押し出す(または内側に押し込む)。馬体は常に円に沿って湾曲しているはずで、あれ?その姿勢は何で作るんだ?顔をちょっと内側向けて内方脚で押して馬体を曲げる、というのは今までも言われてましたが、それにさらに押し出す、押し込む脚が加わると・・・頭、大混乱。

駈歩は「ゆっくり、大きく」。自分の体が斜め前方に持ち上げられるように、と言われてもなかなか。せかせかいきそうなドリをなんとか抑えてみますが上向きの動きはでてきませんねえ。抑えるときはもっと強くしっかり抑えてもいいと言われましたが、素早くやってすぐ譲らないと馬が止まります。ゆっくりになったら褒める褒める。人間のほうは足首と膝の力をもっと抜いて深く座ること。

|

« サーマルぽこぽこ | トップページ | トルコ映画 蜂蜜 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/51599779

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】231鞍目 ゆっくり大きく:

« サーマルぽこぽこ | トップページ | トルコ映画 蜂蜜 »