« 細野高原のツリーハウス | トップページ | レノボのタブレット発売延期・・・ »

2011年10月23日 (日)

【乗馬】242鞍目 指示の前に詰める

242鞍目 トロイア

ドリームはなにか踏んづけてケガをしたらしく今日もトロイア。馬房からは素直に出てきたけどハミをつけようとすると首を上げて抵抗しますね。前はそんなに抵抗しなかった気がするんだけどなあ。

ま、言われることはいつもと同じで、手はなるべく真ん中で手首が反らないように。股関節を楽に、ヒジの力を抜く。輪乗りは馬の内方姿勢をしっかり作って外に押し出す、ということをちゃんとやると馬の状態がどんどん良くなる(はず)。今日は外に出すのが少し楽だった気もしますが派手に外に逃げられもしました。要するに外の手綱がしっかり使えていないということみたい。あ、ヒジが固いので手綱がたるんでるというものあった。

速歩や駈歩では自分でリズムを作るように。どうも途中で馬なりでセカセカ速くなったみたいです。リズムを作ったうえで、たとえば蹄跡から輪乗り・巻乗りに入れようとするときに単純に手綱を使っても馬は従わないので、必ず「何かをするまえには一瞬でいいので馬を抑える・詰めて準備してから指示を出す」。これは何をするときでも共通、らしい。

地道にそういう努力をすると馬が首を下げ出すらしいのですが「首を下げようとして手綱が重くなる」のと「抵抗して手綱が重い」の違いをちゃんとわかれと。

|

« 細野高原のツリーハウス | トップページ | レノボのタブレット発売延期・・・ »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/53068828

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】242鞍目 指示の前に詰める:

« 細野高原のツリーハウス | トップページ | レノボのタブレット発売延期・・・ »