« 歯医者で思った | トップページ | 雹とカミナリ »

2012年5月17日 (木)

LANケーブルの罠

仕事でvmwareやらopenfilerやらで仮想環境を構築中なのですが、ここ数日どうも動きが怪しい。ストレージが見えなくなったりESXiが固まったり、遠隔で作業をしていると接続が切れたり。現地に行って作業をしても調子が悪いのでサーバ周辺を見てみるとNICやHUBのLEDが消えてることがあるようです。

抜き挿ししてみると復活したり消えたりで、どうも特定のケーブルを挿すと怪しくなるようです。自宅の中古装備と違って新品だから機器故障のせんは無かろうと悩みつつLANケーブルをぼーっとながめていたら何やら違和感が。よく見ると両端のコネクタ形状が違うぞ?どうやら片方は自分で圧着してるんですね、これは。もう原因はこれしかなかろうと新品のケーブルに交換したところ絶好調になりました。

というわけで箱から新品のケーブル1本使いましたw > s先生

|

« 歯医者で思った | トップページ | 雹とカミナリ »

お仕事いろいろ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ゲゲッ それは大変失礼しました.
チェックしてるんですけどね…

投稿: sho | 2012年5月19日 (土) 09:47

最初の頃は大丈夫だったのが不思議です。
たぶん導通のレベルではOKなのかもしれません。

自分で加工できたのは100Mの時代までですかね。

投稿: おねむ | 2012年5月19日 (土) 11:23

もしかして,プリンタ落下事件は関係ありませんかね…

投稿: sho | 2012年5月21日 (月) 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/54742913

この記事へのトラックバック一覧です: LANケーブルの罠:

« 歯医者で思った | トップページ | 雹とカミナリ »