« 結婚記念日および奥様誕生日 | トップページ | 【乗馬】264鞍目 横木七変化 »

2012年7月21日 (土)

【乗馬】263鞍目 今日も横木で随伴の練習

263鞍目 ドリーム

21人という団体の予約が入っているので「できれば来てもらえると凄く助かるなあ」と先週言われてまして。予約は午後からだったので午前中に一鞍乗ってしまいましょう。

今日は横木が3本登場して速歩で通過しますが、ドリが蹴飛ばしたり踏んづけたりで危ない危ない。それでも結構な回数やると通過するたびに馬が元気になっていく感じで「馬というのはそういうもん」だそうです。まあ元気になってくれる分にはありがたいからいいや。速歩でグルグル回ったあとは横木を一本にして駈歩ですが、そのまえにツーポイントの練習。だいぶ楽になったとはいえお尻を浮かせておくのはとても無理で、駈歩で軽速歩のように立ったり座ったりしてるような動きになっちゃいました。それから駈歩の横木越えは昨日と同じように飛ぶ直前からツーポイントで越えたら素早く座る練習ですが、今日は「越えたら素早く座って体を起こし馬をいったん静止させる」というのが追加されました。馬の動きに体をついていかせる「随伴」の練習だそうです。

|

« 結婚記念日および奥様誕生日 | トップページ | 【乗馬】264鞍目 横木七変化 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

謹啓

いつも楽しく拝見しております。はじめまして。
当方は滋賀県は近江八幡市にあります賀茂神社と申します。
突然このような不躾なメールを差し上げる御無礼を御免し下さい。
当神社はWikipediaにも記載が御座います。
奈良時代に災害、疫病、などが蔓延した時期に聖武天皇が国を憂い、
陰陽の力によってこの地に総ての災厄を封じ込め、
日本に幸せな世の中をもたらすために
御創建されました経緯がございます。
また、日本で最古の馬の神社という由緒正しき神社でもあります。
災厄を鎮ずめ、幸せを求む方、
また、連理の榊という二本の榊の木が一本に絡み合い、縁結び、子授けの
御神徳を求む方が参拝に参られることでも有名です。
縁起の良い神社でございます。
もしよろしければ、貴サイト様と相互リンクをお願い致したく
メール差し上げました。宜しければどうぞお願いを致します。

URL:http://kamo-jinjya.or.jp/

馬の神社について:http://kamo-jinjya.or.jp/publics/index/12/

Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%80%E8%8C%82%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%B8%82)


もしよろしければ、こちらのページもご協賛下さりますれば幸いと存じます。
御創建1275年式年造営:http://kamo-jinjya.or.jp/publics/index/38/#page38

敬具

賀茂神社 宮司 岡田裕正

賀茂神社御創建1275年式年造営全国奉賛会 会長 元滋賀県知事 國松善次

投稿: 御猟野乃杜賀茂神社 | 2012年10月 2日 (火) 14:27

岡田様

コメントありがとうございます。
夏に相馬の野馬追に行ったときに「馬のお守り」をいただいてきましたが、他にも馬の神社があったのですね。ちょっと関東からだと気軽にお参りできないですが、青春18切符の時期になったら行ってみたいと思います。

神社と相互リンクというのもなんだか畏れ多い気がするのでブログくらいが気楽なのですが、ブログはフェイスブックに移行してしまったのでしょうか。

とりあえずあとで左のリンク欄に載せておこうと思いますが、ウィキペディアにあった「八咫烏君」はバナーに使ってもいいものですか?

投稿: おねむ | 2012年10月 5日 (金) 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/55249219

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】263鞍目 今日も横木で随伴の練習:

« 結婚記念日および奥様誕生日 | トップページ | 【乗馬】264鞍目 横木七変化 »