« 今日も三筋山には観光客多数 | トップページ | 【乗馬】「チョイ乗り」海外乗 »

2012年10月21日 (日)

【乗馬】271鞍目 内方姿勢と脚の位置

271鞍目 ドリーム

常歩、速歩、駈歩まとめて輪乗りと内方姿勢のチェックの日。私の体は右を向くのが苦手なので右手前の輪乗りでは「もっと(人の)顔もお腹も内側に向けて」と言われます。その状態で右脚で押し出すわけですが、そうすると左脚で踏ん張った状態で右脚を使おうとする、というのは今までも何度も書いてるな。「外方脚はもっと(後ろに)引いて」と言われるのもお約束なんですが、今日はヒジョーにツライ姿勢だったので「むちゃくちゃつらいです」と申告したら「外方脚はヒザから曲げればOK」と意外な指示が。いつも「ヒザから曲げちゃいけない」と習っていたと思うんですが、あれは脚を使う場所の矯正の場合で、今(輪乗りの外方脚)は「踏ん張れないように上げておく」イメージなんだそうです。足で体重を支えられない状態にしておいてまっすぐ座り、内側のお尻と脚でグイグイ押してやる。効果てきめんとまではいきませんでしたが極端に内側に入られることは無くなりました(ような気がする)。姿勢には全部意味があるんですねえ。

「踏ん張らない」つながりなのか、駈歩で輪乗りをしながらツーポイントを練習していたら「そこで方向転換!」という謎の指示が飛んできました。さすがになんだかわからず聞いてみると要するに馬が急に変な動きをしたときの練習だそうで、バランスを崩さなければ正しく乗れているということなんですね(ということは正しく乗れていないと落ちるということなんじゃ?)そのあとも蹄跡を走りながら「手前は気にしなくていいのでウネウネ走る練習」というのもやりました。

|

« 今日も三筋山には観光客多数 | トップページ | 【乗馬】「チョイ乗り」海外乗 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/55951252

この記事へのトラックバック一覧です: 【乗馬】271鞍目 内方姿勢と脚の位置:

« 今日も三筋山には観光客多数 | トップページ | 【乗馬】「チョイ乗り」海外乗 »