« 今年も石垣島へ行く | トップページ | 今年も「波ん馬」で馬に乗る »

2012年10月27日 (土)

午後はカヌーで川を探検してみる

そもそも石垣島に川があるというのも意外でしたが沖縄県の最高峰は石垣の「於茂登岳(おもとだけ)526メートル」だそうで「山があれば川もあります」とはガイドさんのお言葉。川の名前は宮良川です。馬に乗った後の午後の予定が特になかったので朝食を食べながら急遽決定。レンタカー屋さんでもらったパンフレットにでていた「やまんぐぅ」さんに電話で予約しました。ハイシーズンだと当日予約なんて無理なんでしょうが、そこは10月も終わろうかという時期のせいかガイドさんと我々夫婦だけのお気楽なツアーでありました。

IMGP0003

簡単に(ほんとうに簡単に)パドルの使い方を教わって、すぐ裏の河口付近から出発します。私はでちょっと体験したことがありますが、当然奥さんは初めて。「不忍池でボートに乗ったことはある」と言ってましたが、去年初めて海で泳いだというくらいの水に縁の無い人ですからね。

IMGP0013

河口は普通の川でしたが数百メートルも進むと川幅も狭くなって、いきなりジャングルのようなイメージになり、川岸にはマングローブがぎっしりと並んでいます。ちなみに「マングローブ」は総称俗称だそうで本名は「ひるぎ」と言うそうな。国の天然記念物指定なり。

IMGP0016

ガイドさんに色々と説明を聞きながらノンビリ進みます。パラグライダーもそうですが動力の無い乗り物は静かでいいです(パラの風音は結構うるさいけどね)。煙突は製糖工場の残骸で実は車の音も聞こえるのに景色はジャングルというギャップ萌え(いや、それは違うと思う)

IMGP0020

中州のようなところに上陸して一休み。足下は気持ちのいいドロですが虫のようなものが跳ねてるとおもったらこいつら。大きさは5ミリくらいから3センチくらいかな?トビハゼの親戚らしいですが水が大嫌いな変な魚で水に溺れるという大技をお持ちらしい。魚としては進化しているのか退化しているのか?

たいへんゆったりとした2時間弱で、私としては頭上を大コウモリが飛んでいったのに大感動しました。うちの近所にも夜になるとヒラヒラ飛んでいますけど、それとは違って鳥のように飛んでいました。唯一残念なのは水があまりきれいではないことかな。もちろん生活廃水とかとは無縁なのでいやな臭いなどはしないし岸辺の浅瀬では透明感があるのですが、いわゆる「濁った」状態です。栄養分がありすぎるのと泡が湧くのは海の塩のせいだとガイドさんが教えてくれました(なんでも聞けば教えてくれる物知りなガイドさんでした)。某巨大魚の産卵の話はちょっと興味深かったですね(知りたい人は参加してみよー)。

いちばん意外だったことは、奥さんがカヌー気に入ったらしくて「またやってみてもいい」とか言ってたことだなw

|

« 今年も石垣島へ行く | トップページ | 今年も「波ん馬」で馬に乗る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました!
石垣島のやまんぐぅ~:お腹出っぷりガイドです。

ボクなんかの知識なんかまだまだ・・・
日々勉強ですよ。
石垣島は陸も川も海も
すばらしい自然がまだまだ残るすばらしい島です。
奥さんが水にあまり縁が無いとのこと。
今度は海へご案内しますよ!

投稿: やまんぐぅ~ | 2012年10月31日 (水) 23:12

そのせつはお世話になりました。

今度は星を見ながらというのもいいなあと思ってます。
新空港ができれば通り道でむしろ便利になりますね。
次回は台風の心配の無い時期に行きたいなあ・・・

投稿: おねむ | 2012年10月31日 (水) 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/56001090

この記事へのトラックバック一覧です: 午後はカヌーで川を探検してみる:

« 今年も石垣島へ行く | トップページ | 今年も「波ん馬」で馬に乗る »