« Drobo SGN | トップページ | NetJapan ActiveImageを試す »

2013年1月 8日 (火)

バックアップ用ソフトをどうするか

バックアップ、バックアップ、バックアップ!

さて入れ物は用意できたのでバックアップソフトをどうするか。あ、Droboは結局サーバにつなぎました。Windows標準のバックアップ機能も選択肢ではありますが、容量や復元のことを考えるとやっぱり専用ソフトにはかないません。復元するためにWindowsを一度インストールするのはねぇ。市販品で自分に必要と思われる機能と自分に払える値段(涙)を考慮すると候補は2つあります。

まず CA ArcServe D2D 。小さい事務所などでサーバを一台丸ごとバックアップとれればいいなら安くて手軽です。いくつかお客さんのところに導入していますが15分もあればインストールとスケジュール設定まで終わるでしょう。重複排除機能もあるので30世代(1ヶ月分)とかでも容量は小さいです。欠点、とまではいきませんが気になるのは管理機能(ブラウザで管理します)のためにTomcatがインストールされて動いていることかな。非力なサーバだとちょっとイヤかも。それとコールドバックアップはとれません(復元時にはインストールメディアから起動して操作可能)。30日間の評価版があります。

対抗馬、NetJapan ActiveImage 。NetJapanってDOSの時代からディスク関連のソフトを扱っていたと思います。PartionMagicとかお世話になりました。その頃からディスクイメージ化のソフトもあったと思うので歴史は長い(ArcServeも老舗ですけど)。機能や手軽さはまあArcServeと同じようなものですが、こちらはコールドバックアップも可能。そのかわり値段がちょっと高くて実売価格だとArcServeの倍近いんじゃないかな?こちらは60日間の評価版があります。

正直なところサーバ一台ならArcServeでいいんですが仮想環境を視野に入れると一長一短ありまして、Hyper-Vでホストにインストールしてゲストも丸ごとバックアップ、なにかあったら丸ごと復元という用途ならArcServeのAdvanceエディションがお安いです。丸ごとバックアップするけどゲスト単位で復元したい場合はActieImageのHyper-Vエディションかなあ。あと需要は少なそうですがデスクトップエディションというのも双方にありまして、これはArcServeのデスクトップエディションはどこで売っているのか、どうやって買うのかさっぱりわからなかったので、直販サイトで買えるActiveImageを購入してみました。

どちらも実機を操作できる無料セミナーがあるので両方参加してみるといいと思います。評価版のメディアもらえるし。

|

« Drobo SGN | トップページ | NetJapan ActiveImageを試す »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/56513705

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップ用ソフトをどうするか:

« Drobo SGN | トップページ | NetJapan ActiveImageを試す »