« TVK | トップページ | E520 修復中 »

2013年4月 9日 (火)

デジタル無線機の包括登録

クラブで共同購入したデジタル無線機ですが、ついでなので包括登録することにしました。これだと申請が一度で済むので全員がそれぞれ申請料(印紙代)を払う分が安くなりますしね。

クラブだと「任意団体」というものになるので、住所は「伊豆フライトハウス内」として申請者はクラブの会長名にしました。会長のハンコをもらって、あとは記入例の通りにして印紙(包括の場合は2900円)を貼り東海総合通信局に返信用封筒を同封して送れば第一段階はOK。ここまでが先週の話です。

今日、東海総合通信局から確認の電話がありました。連絡先が私の住所(東京)だったので「これ東海の管轄でいいんですか?」という場所の確認と、クラブの実体があるかどうかの確認のため「規約のようなものはありますか?」と「会長を確認できる会員名簿がありますか?」と、まあなかなか厳密なんですね。もっとも厳密と言うよりは形式的な確認のようで「~のようなものがあれば」という感じでしたけど。

クラブ規約(あるんですよ、意外にも)の1ページ目と会員名一覧をFAXしてしばし、また電話がきました。「クラブの存在は確認できましたが、名簿ではどの人が会長かわからない」と言われちゃいました。リストに「会長」「副会長」ってつけとけば良かった。電話で説明してOKとなりましたが、あとから昨年のクラブ総会議事録(あるんです・・以下略)に会長選出の記録があったのを思い出して追加でFAXしときました。

というわけなので、もし包括登録をクラブやサークルで行う場合は、それっぽい資料を用意しておいたほうがいいみたいですよ。

あ、「伊豆フライトハウス名義での包括登録もありますが・・・」とも聞かれました。なかなか調査が行き届いているようで。

|

« TVK | トップページ | E520 修復中 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/57141602

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル無線機の包括登録:

« TVK | トップページ | E520 修復中 »