« サーバ壊れた(これが本命か?) | トップページ | サーバ復活 »

2016年2月12日 (金)

続・サーバ壊れた(怒濤の復旧作業)

8時に現地に到着して色々と段取りして9時半くらいから出社してきた業務担当者の人たちに事情を説明。担当者は少ないので影響範囲が限られていて目が届くのが不幸中の幸いです。

それと並行して復旧の段取りをしますが、このシステムは特殊な拡張ボードを使っているのでその辺でサーバ買ってきてリプレースというわけにいきません(それがリプレースが延び延びの理由のひとつ)。いちばんいいのは同じ型の中古を探して中身を入れ替えることですが、なんせ古い型番ですからねえ。昨夜のうちに当たりを付けていた業者に電話をかけまくって「在庫有り、即日引渡可能」のところを見つけました。よし、道が開けた!動作確認して引渡可能になるまで数時間かかるそうなので、そのあいだにヨドバシに行って耐荷重50Kgのキャリーカートを調達しました。本体重量32Kgを抱えて歩きたくないし。ちなみに今回大急ぎの対応をしてくれたのはこちら(itexpress

連絡をもらってお店(というか倉庫)に行き、サーバを引き取ってタクシーで帰る予定でしたが乗り換え無しだったので根性で電車で持ち帰りました(大江戸線のエレベータに感謝)。使わないRAIDカードやDATドライブを取り外した状態で電源を入れると、おお動いた(当たり前のことに感動)。

元のサーバからHDDと拡張ボードを移植して、緊張しつつ電源入れます。ひとまずRAID1構成が自動的に認識されて第一関門クリア。Windowsが起動を始めますがしばらくしてファイルチェックが動きだします。まあこれは異常終了していたはずなので想定の範囲内、数分でチェックが終わり再起動してログオン画面きた~!

光が見えてきてウキウキとログオンすると「知らないボードがあるよ?ドライバどうする?」という不気味なメッセージがでてテンションだだ下がり。これはインストール済みのはずなので「勝手に探してインストールしろ」の指示で正常にインストールされて一安心。構成情報がリセットされたんですかね。

これでアプリが動く!と思ったら甘かった。起動に失敗しているのであれこれ調べると拡張ボードがactiveになってませんねえ。デバイスマネージャを見る限りは正常に動いているはずなんですが。ドライバをインストールしたあとに再起動メッセージはでませんでしたが、念のため再起動したらactiveになりました。これでどうだ?

業務アプリを起動するとサービスが順番に起動していって、見事復活!!(安堵)

復旧の目処が立ったことを宣言して業務時間終了後にあれこれ切り替え、動作テストが正常に動いて大安堵です・・・。

|

« サーバ壊れた(これが本命か?) | トップページ | サーバ復活 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/63209925

この記事へのトラックバック一覧です: 続・サーバ壊れた(怒濤の復旧作業):

« サーバ壊れた(これが本命か?) | トップページ | サーバ復活 »