« IPv6を申し込んだ | トップページ | タイムズ カープラス »

2016年3月 7日 (月)

IPv6 超快適

なぜだかわかりませんが寝て起きたら問題が解決してました。

HGW(うちのはPR-S300HI)の管理画面にpingテストがあったのを思い出して、そちらから会社のNGNアドレスにpingしたら、あれ?通った。ルータ(RTX810)にログインして同じアドレスにping6したら、夕べは何をしてもダメだったのにあっさり通りました。わけわからん。NGN内のルーティング設定に時間がかかったのか、NTTなので月曜にならないと動かないのが仕様なのか(割と根に持ってます)理由はわかりませんが解決したからいいや。たぶん調べてもわからん。

さて、(たぶん)全部正常になったので設定を整理します。今まではHGWの下にRTX810をつないでプロバイダとのPPPoEとか会社とのVPNとかはRTXが担当していました。HGWは単なるひかり電話アダプタですね。それがIPv6(IPoE)になるとPPPoEもNATも不要になって、ちょっと不安なほど風通しの良いスッキリしたネットワークでインターネットの世界につながるため、RTXの仕事は会社とのVPNと固定アドレスでしかアクセス出来ない仕事上のサーバへの通信専用になります。

ということをすっかり忘れて(と言うか思いもせず)IPv4の設定を変更しなかったのでIPv4のスピードは遅いままだったのは秘密です。NIFTYのPPPoE接続もそのまま有効なんですね。まあ気がついたので設定を変更します。家庭内のdefault gwはRTXのままにしておいて、RTXのルーティングでdefaultをHGWに向けました。こうしておいたほうが小細工が必要になったときに楽だと思ったので。これで普通のIPv4の通信は最初にRTXに送られて会社方面にまわす必要がなければHGWに転送され、そこからはIPv6の通信にくるまれてでていくことになります。IPv4 over IPv6ですね、確証はありませんが。いやあ実はIPv6の仕組みが良くわかってないんですよ。セキュリティとかちょっと不安も感じるので使いながら覚えようと思います。

肝心のスピードは改善されたのか?驚きの数字をどうぞ。

usen

余裕の100M超え!このあと何度か測り直したら「速度測定が正しく行われなかった可能性があります」となってしまいました。速すぎたのかもしれません。もうひとつ、

bnr

451M?これはいくらなんでも。相手のサーバがNTT関係だとNGNの中だけでいけるのかもしれません。ちなみにフレッツのサービス情報サイトにある速度測定だとIPv4で120から130M、IPv6だと600Mとか表示されました。いずれも22時前くらいの時間帯です。

条件さえ揃っていればタダで使えるIPv6ですが、お勧めですよということで。

|

« IPv6を申し込んだ | トップページ | タイムズ カープラス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/63314163

この記事へのトラックバック一覧です: IPv6 超快適:

« IPv6を申し込んだ | トップページ | タイムズ カープラス »