« 成城石井のプレミアムチーズケーキ | トップページ | 帳簿入力とクレジットカード明細 »

2016年12月21日 (水)

帳簿入力とクラウドサービス

そろそろ今年も終わりなので帳簿の未入力分を入力しています。銀行の取引データはCSVでダウンロードしたものが直接取り込めるので楽なのですが、肝心のCSVをダウンロードし忘れた月もあるので(過去2ヶ月しかさかのぼれない)そこは手入力です。去年までは通帳を見ながら全部打ち込んでいたのでそれに比べれば楽ちんだけど仕訳が微妙に違ってしまうのがちょっと不安。給与の支払いなんかは源泉とか色々引かれる分があるので振替伝票でイッパツ入力にしてあったのが個別で入れなきゃいけないし。まあ最終的には税理士さんがチェックするので多少間違っていても・・・

請求書(売上ですね)の入力も意外に面倒なので来年楽するためにMISOCaというクラウドサービスを試しに使い始めました。請求書の管理に特化したサービスで弥生とも連携できるため入力漏れが無くなることでしょう。なにより請求書の発行(印刷)と同時にデータ化されるわけですから非常に効率がよろしい(もっと早く始めればよかった)

調子に乗って他も探してみたところStaple for 弥生という経費精算支援サービスがありました。これは弥生ユーザは無料で使えるみたいです。これは交通費を筆頭に日常的に発生する経費を各自が自分のスマホで入力して自動的に弥生に送りつけることができます。まだ一週間くらいしか使っていませんが、これは地道に便利な気がする。買い物をしたら隙間時間に登録してしまえば、あとで領収書の束を見てゲンナリすることも無くなるってわけです(それはお前がサボってため込むからだ?)。交通費に関してはStapleリーダーという別アプリがあってSuicaを直接読み取って交通費に変換してくれますが、たぶんカード本体に記録されている分(20件だっけ?)しか読めないのでマメに処理しないと抜けちゃうかも。まあそのときは今まで通りSuicaインターネットサービスとかで過去分を引っぱり出せばOKか。

あとはクレジットカードの利用履歴が取り込めれば完璧なんだけど、長くなったのでそれはまた次回のネタに。

|

« 成城石井のプレミアムチーズケーキ | トップページ | 帳簿入力とクレジットカード明細 »

お仕事いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/64656216

この記事へのトラックバック一覧です: 帳簿入力とクラウドサービス:

« 成城石井のプレミアムチーズケーキ | トップページ | 帳簿入力とクレジットカード明細 »