« 牛肉、第二弾 | トップページ | 折りたたみクレープ »

2017年6月18日 (日)

FreeNASがコケる

ここ一週間、このエラーと戦ってます。

error

Hyper-VサーバとFreeNASを10GのNICでつないで運用しているシステムがありまして、最近ちょっとパワー不足かなあと思うことが時々あるため増強をたくらんだのが発端。現状のサーバは8core、32GBメモリですが12core、48GBのサーバが調達できたので「ストレージもSSDとか試したいよねえ」と、そちらもなるべく安くBTOでSSDx4の小型サーバを用意してFreeNAS9.10を入れました。

ちょっとウキウキしながらベンチマークしたりHyper-Vのレプリケーションしたりしていたら、時々妙に遅くなったり最悪FreeNASが反応しなくなります(pingには反応するけどGUIもsshも受け付けない)。こんなことは今まで経験したことがなかったので新しい環境の何かが悪いんだろうあな。何かってなんだろ?明らかに違うのはFreeNASのバージョン(9.3 → 9.10)と配線。現システムはintelの10GですがSFP+なのでダイレクトアタッチケーブルで直結していましたが、新システムはCAT6ケーブルでHUB経由なので試しにHUB無しで直結させてみましたが状況は変わらず。

このiScsiPrtエラーはネット上でも散見されてWindows2008の話ですがMSのサポート情報も見つかります。

Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 環境で、遅延 ACK を有効にするようにネットワーク環境を設定し、ストレージが iSCSI を使用して接続されている場合、一般的な操作を実行すると iScsiPrt エラーがシステム イベント ログに出力される

提示されている「NICの受信バッファを増やす」と「遅延ACKの無効化」も試してみましたが「うーん、ちょっとはエラーの頻度が減ったかな?」というくらいで解消はされません。新旧システムを見比べて新システムはWindowsファイアウォールが有効になっていたので無効にしてみたけどダメ。

あとはFreeNASのバージョンを下げてみるくらいしか無いか・・・

|

« 牛肉、第二弾 | トップページ | 折りたたみクレープ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/65437517

この記事へのトラックバック一覧です: FreeNASがコケる:

« 牛肉、第二弾 | トップページ | 折りたたみクレープ »