« パラグライダークラブ総会 | トップページ | SCCM OSD CF-B11にWin10 »

2018年9月 4日 (火)

Hyper-V プロセッサの互換性

久しぶりにHyper-V(Win10)上のubuntuを使おうと思ったら立ち上がりません。

仮想マシン ‘XXXX’ は、物理コンピューター ‘XXXX’ でサポートされていないプロセッサー固有の機能を使用しています。異なるプロセッサーを持つ物理コンピューターにこの仮想マシンを移行できるようにするには、仮想マシン設定を変更して、仮想マシンで使用されるプロセッサー機能を制限します。

どうやら最近のWindows10の更新で何かが変わったみたいです。仮想マシンの設定でCPUの互換性設定をすると動くみたいなので設定画面を開くと

ubuntu

前回使ったときにシャットダウンしなかったみたいでサスペンド状態になってるため設定が変更できず。あれ、詰んだかな?

試しに新しい仮想マシンを作って「プロセッサの互換性」にチェックを入れて、ハードディスクに今まで使っていたVHDXファイルを指定したら立ち上がってくれました。今度からちゃんとシャットダウンするようにします。

|

« パラグライダークラブ総会 | トップページ | SCCM OSD CF-B11にWin10 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153269/67131429

この記事へのトラックバック一覧です: Hyper-V プロセッサの互換性:

« パラグライダークラブ総会 | トップページ | SCCM OSD CF-B11にWin10 »